はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

大谷映美里(=LOVE、愛称:イコラブ)による「私の週間食卓日記 1043回」(週刊新潮)[10月25日号(10月18日発売)掲載]の概要と、より理解するための関連情報。

大谷映美里(=LOVE、以降はイコラブ)が「私の週間食卓日記 1043回」(週刊新潮)を担当しました。 そこで、該当する10月25日号(10月18日発売)を購入して、読んでました[P60~61]。全体的に明るめのしっかりした文章であり、内容も面白いので、その概要に…

指原莉乃がマクドナルドのCMに起用されたので(10月10日~)、“私”は久しぶりにポテトを食べてみようかなぁと思ったこと

指原莉乃がマクドナルドのCMに起用されたようです(2018年10月10日~)。キャンペーンの対象商品は「グラン ガーリックペッパー」、「てりやきチキンフィレオ」、「えびフィレオ」ということです。なお、彼女の肩書はキャンペーン・アンバサダーとなっていま…

=LOVE(愛称:イコラブ)の4thシングルシングル「Want you! Want you!」の質的評価値(いいね)が良好であること

=LOVE(愛称:イコラブ)の4thシングルシングル「Want you! Want you!」(2018年10月17日発売)の公式MVが好評のようです。ちなみに、イコラブは指原莉乃がプロデュースする女性アイドルグループです。特に好調であることが分かるのは、“いいね”の数に現れる…

「女性アイドルグループを歌う人の傾向」(JOYSOUND)の解析[対象:イコラブなど24組]

これまでに、JOYSOUNDサイトにおける「"=LOVE"を歌う人の傾向」に関するブログ記事を2つ書きました。一応説明しておくと、=LOVEは、指原莉乃がプロデュースする女性アイドルグループであり、イコラブという愛称で呼ばれています。以下では、この愛称を使いま…

女性アイドルグループ「=LOVE」(愛称:イコラブ)メンバーのtwitterフォロワー数の1年にわたる推移を示す。

女性アイドルグループ「=LOVE」(以降、イコラブ)のtwitterフォロワー数を観測し始めてから1年になります。フォロワー数の推移を折れ線グラフにします*1。 どこの世界でも同じですが、先行者にアドバンテージがあります。例えば、AKB48では1期が強く、前…

JOYSOUNDサイトの「"=LOVE"を歌う人の傾向」の秋元康プロデュース以外の女性グループとの比較

一つ前の記事の一部では、JOYSOUNDサイトの「"=LOVE"を歌う人の傾向」を参照しました。 natuka-shinobu.hatenablog.com 該当ページの下の方にある「"=LOVE"を歌う人の傾向」では、女性の割合は69%であり、男性の2/3以上でした。そして、若者(10代、20代)の…

イコラブ(本名は、=LOVE)の4thシングル「Want you! Want you!」の公式MV(Youtube)の再生回数が好調なので、女性ファンが多いというデータを参照して示す。[2018年10月17日発売]

女性アイドルグループ=LOVE(以降、イコラブ)の4thシングル「Want you! Want you!」(2018年10月17日発売)の公式MV(Youtube)が好評であり、再生回数の伸びも順調のようです。地上波にはレギュラー番組がないイコラブにとっては、MVはプロモーションにお…

女性アイドルグループ=LOVE(愛称:イコラブ)の4thシングル「Want you! Want you!」(2018年10月17日発売)のMVの解説と考察

女性アイドルグループ=LOVE(以降、イコラブ)の4thシングル「Want you! Want you!」(2018年10月17日発売)のMVが9月6日の昼に公開されました。そして、その夜には、一周年記念イベント(Zepp DiverCity Tokyo)において初披露されました。なお、一周年とは…

アイドルグループ=Loveのサードシングル「手遅れcaution」(5月16日発売)の第6週の売上(オリコン)が2326枚(31位)、累計が78256枚になり、次のシングルは10万枚に達する可能性が見えてきたこと。

アイドルグループ=Love(愛称:イコラブ)のサードシングル「手遅れcaution」(5月16日発売)の第6週の売上(オリコン)は、2326枚(31位)でした。この結果、累計は78256枚になりました*1。 週間順位は、3位、27位、15位、35位、32位、31位と推移していま…

齊藤なぎさ(=LOVE、愛称:イコラブ)が「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ、2018年6月11日)におけるショートショートスカッとに出演して、twitterフォロワーが激増したこと

齊藤なぎさ(=LOVE、以降はイコラブ)が「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ、月19:57~)の番組内ドラマ(ショートショートスカッと④)「カバンで席取りオンナ」に女子高生役で出演しました(2018年6月11日)。 ドラマの舞台ほぼ満員の朝のバスです…

メンバーが助けに行く「樹愛羅、助けに来たぞ」(=LOVE、サードシングル「手遅れcaution」c/w)のMV、そしてカメコさんのお陰でもあるイコラブ  #イコラブ #齋藤樹愛羅

アイドルグループ=LOVE(以下、イコラブ)の「樹愛羅、助けに来たぞ」(作詞:指原莉乃、作曲、編曲:前山田健一)のMVが公開されました(2018年5月16日)。 この曲は、サードシングル「手遅れcaution」(5月16日発売)のカップリング曲です。このMVは、もう…

「部活中に目が合うなって思ってたんだ」(イコラブ[=LOVE])のリップシーンのみのMVがシンプルで新鮮であり、本来のMVのあり方を呈しているように感じたこと[サードシングル「手遅れcaution」c/w]

女性アイドルグループ=LOVE(以降、イコラブ)のサードシングルCDのカップリング曲「部活中に目が合うなって思ってたんだ」*1のMVが公開されました(2018年5月7日の夜)。なお、CDの表題曲は「手遅れcaution」であり、5月16日に発売されます。 曲は8月の爽や…

何故、=LOVE(愛称:イコラブ)には若い女性ファンが多いのか?[イコラブにおいて指原莉乃が描く世界は、年配男性プロデューサーが描く世界が少年漫画ならば、少女漫画]

女性アイドルグループ=LOVE(以降、イコラブ)には若い女性ファンが多いようです。考えて見れば当たり前のことです。イコラブは13~21歳の女性から構成されるグループであり、プロデューサーが25歳である女性である指原莉乃だからです。指原莉乃は若い女性の…

“おかしさ”が面白さと混同されている秋元康プロデュースの世界(番組「ラストアイドル」)において、アイドルらしさが際立つ 『この恋はトランジット』(Someday Somewhere)

「この恋はトランジット」(Someday Somewhere)のMV(Short ver.)が公開されました。サムサムという愛称で呼ばれるこのアイドルグループは、ラストアイドルファミリー(後述)の一員です。そして、この曲は指原莉乃がこの曲限定でプロデューサーとなってプロ…

成功したらしい =LOVE(愛称:イコラブ)の台湾訪問ついて[メガポートフェス(高雄市、2018年3月24日)への出演、単独公演(台北市、25日)など]

=LOVE(以下:イコラブ)は先週末(2018年3月23~25日)に訪台(台湾訪問)をしました。主な目的は24日にメガポートフェス(高雄市)に出演して、25日に単独公演(Syntrend 三創生活園區、台北市)を行うことでした。 www.megaportfest.comこの他、前乗りし…

タイにおける「恋チュン」(BNK48版)の社会現象化(日刊スポーツによる報道/解釈)とオニギリ

日刊スポーツの報道(2018年3月20日)によって、BNK48によるタイ語版「恋するフォーチュンクッキー」(2017年12月20日発売)の公式MV(YouTube)[2017年11月18日公開]の再生回数が9000万回に達したことを知りました。 www.nikkansports.com説明を加えると、…

=LOVE(愛称:イコラブ)の「ようこそ!イコラブ沼」を聴いて思い浮かべるメンバーは誰か?  #大谷映美里

最近は、どよ~んとしている心的状態から抜けるために、「=LOVE」(以降、イコラブ)の「ようこそ!イコラブ沼」を聴くことがあります。 この曲はイコラブのセカンドシングル「僕らの制服クリスマス」(2017年12月6日発売)にカップリング曲として収録され…

アイドルグループ=Love(愛称:イコラブ)が いわき市を訪ねたこと[ラジオ出演、2つの中学校への訪問]に、AKB48の東日本大震災の被災地慰問(2012年7月、指原莉乃が参加)が関係していたことに驚く

アイドルグループ=Love(以降、イコラブ)が、いわき市(メンバーの諸橋沙夏の故郷)を訪ねたこと(2018年3月6日)については、以下の記事を書きました(メンバー12人の内の7人が参加)。 natuka-shinobu.hatenablog.comイコラブの今回の遠出において成さ…

アイドルグループ「=Love」(愛称:イコラブ)の「ラジピタリティ EVENING」(FMいわき)への出演と2つの中学校への訪問

アイドルグループ=Love(以降、イコラブ)がゲスト出演した「ラジピタリティ EVENING」(FMいわき)をインターネットを介して聴きました(放送は17:33から)。音源はネットのどこかにあります。 www.fm-iwaki.co.jpパーソナリティの立原めぐみは、地元出身の…

アイドルグループ「=Love」(愛称:イコラブ)の3月における遠出[3/5:いわき市(福島県)、3/18:大分市(大分県)、3/24:高雄市(台湾)、3/25:台北市(台湾)]について

アイドルグループ=Love(愛称:イコラブ)にとって3月は、遠出が多い月になります。具体的には、3/5がいわき市(福島県)、3/18が大分市(大分県)、3/24が高雄市(台湾)、3/25台北市(台湾)です。 台湾における距離感が分からない方がいらっしゃると思っ…

アイドルグループ =Love(愛称:イコラブ)の大場花菜が始めたブログ「はなまるきぶん」が面白く、モデルプレスの記事にもなったこと 

アイドルグループ「=Love」(愛称:イコラブ)の大場花菜がブログを始めました(2018年2018年2月25日)。タイトルは「はなまるきぶん」です。なお、“はなまる”とは彼女の愛称です。 ameblo.jp このブログについて指原莉乃(イコラブのプロデューサー)はtwee…

「MTV LIVE MATCH」(でんぱ組.inc vs KEYTALK)にオープニングアクトとして出演して好評だったらしい=Love(愛称:イコラブ)と、想定外にも賑わせた野口衣織

横浜のMM21地区に「パシフィコ横浜」 (PACIFICO YOKOHAMA)という通称で知られているコンベンション・センターがあります。オープニングの頃にコンサートに行ったことがあるので、初めて知ったのは20年以上前になります。 http://www.pacifico.co.jp/その通称…

大谷映美里(=Love、愛称:イコラブ)のインスタグラムが100投稿に至ったことを記念して…

最近は、大谷映美里(=Love、以下イコラブ)のインスタグラムをよく覗きます。 彼女のインスタグラム(画像からのリンクあり)の特長は統一的な世界観において、飽きさせないバリエーションがあるコンテンツを提供していることにあると思います。さらに、良…

アイドルグループ「=Love」(愛称:イコラブ)の初めての舞台をネット配信を介して観ました。 [『あにてれ×=LOVE ステージプロジェクト「けものフレンズ」』]

アイドルグループ「=Love」(以降、イコラブ)の初めての舞台をネット配信を介して観ました。具体的には公演は、『あにてれ×=LOVE ステージプロジェクト「けものフレンズ」』であり、舞台が約90分、アフターライブが20分の構成でした。公演はAiiA 2.5 Th…

「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジin大分」についての林真理子の記事(週刊文春連載2月15日号、2018年2月8日発売)。指原莉乃(オープニングシンポジューム)への高評価と、小室哲哉の欠席(クロージングコンサート)に関する週刊文春への恨み節

「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジin大分」(1月26~28日)についての林真理子による記事を読みました。具体的は、彼女が週刊文春に連載している「夜ふけのなわとび」におけるものです(2月15日号、2018年2月8日発売)。といっても、エンジン0…

「テンション上がる会?~地球のことで熱くなれ!~」(テレビ朝日、土曜)、特にマイナー魚を食した最新回(2018年2月11日)について

以前の記事に続いて、土曜日に放送されている「テンション上がる会?~地球のことで熱くなれ!~」(テレビ朝日13:55-14:40)について記載します(MC:今田耕司、指原莉乃)。 www.tv-asahi.co.jpなお、以前の記事は以下のものです。 natuka-shinobu.hatenabl…

指原莉乃による齊藤なぎさのツインテール写真のtweetとその効果をキッカケにして…。(良質なファンと非良質なファンの違い。感謝を表すことが良質のファンの割合を増やすこと) 

ツインテールの日(2月2日)には、指原莉乃が齊藤なぎさのツインテールの写真を載せたtweetを行い、これは約33,000個の“いいね”をもたらしました(RT:6,200以上)。なお、齊藤なぎさは、指原莉乃がプロデュースしている「=Love」(以降、イコラブ)の一員で…

齊藤なぎさ(「Love」[愛称:イコラブ])のツインテール写真を掲載した指原莉乃のtweetの効果について(ツインテールの日)

暦において月と日の数が同じになる日は特別の意味を持つことが多いようです。この感覚は分からなくはありません。例えば、興味があるtwitterのフォロワー数が11万1111人となったところを目撃した際には、通常と違うものを感じると思うからです。暦に戻ると、…

泥酔女王(高橋由美子)を招いた、こんくら女子会(w/小倉優子、指原莉乃)から、指原の新番組、STU48の売り上げ、BKT48の恋チュン、矢吹奈子の歌唱力、と流れるとめどもない記載

最新回の「今夜くらべてみました」(水曜夜、日本テレビ)を観ました(2018年1月31日)を観ました。ゲストは小柳ルミ子、小倉優子、中島健人でしたが、この記事は別撮りされた女子会(高橋由美子、小倉優子、指原莉乃)についてのみ触れます。中島健人につい…

指原莉乃がプロデュースした曲「この恋はトランジット」(Someday Somewhere )の感想など[テレビ朝日、「ラストアイドル」2018年1月20日深夜]

指原莉乃がプロデュースした曲「この恋はトランジット」(Someday Somewhere )の披露を観ました[2018年1月20日深夜]。この曲は、テレビ朝日系の番組「ラストアイドル」(土曜日、深夜)関係で作られました。 この番組の第1シーズン(2017年8~12月)では…