はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

ちりとてちん外伝@湯河原

ちりとてちん」を湯河原で観た。といっても本物?の朝ドラ「ちりとてちん」は3月で放送が終わっているので、今回観たのは「ちりとてちん」の外伝だ。ちりとてちん」は視聴率には恵まれなかったが、熱烈なファンが多かった。NHKは、それらの人の要望に答える形で、主人公の喜代美(=徒然亭若狭 or B子)が出演しないドラマをスンピンオフドラマとして作成したのだ。で、この外伝であるが7月に関西エリア向けに放送されたものだが、今日(8/10)になり、関東エリアでも放送されたのです。

すっかり忘れていて見逃してしまうところでしたが、「あぁ、これか...」という声で目が覚めてテレビをみると、このドラマがやっていることに気がつきました。実は今回は知り合いの御一行で湯河原の温泉にやってきていてチェックアウトの11時までは旅館でくつろぎましょうということになっていたのです。通常ならば朝早く出発してしまうので、本当ならば観ることはなかったのですが、観れたことは運がよかったのだと思います。

で、ドラマの内容は喜代美(夫は、徒然亭2番弟子の草々)の実家の小浜から、他の3弟子(草原、小草若、四草)が大阪まで戻る道中の話でした。今回、スポットライトが当たったのは四草であり、彼の生い立ちに関係する話が繰り広げられました。私は「ちりとてちん」の本篇を観ていたのでそれなりに今回のドラマは楽しめはしました。しかし、他の人がいたのでそれほどは入り込んで観てなかったためか、特段におもしろかった訳でもありませんでした。