はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「鬼女の一念、岩をも通す。」メディアの現在に幻滅し、未来に希望を持った日(毎日waiwai問題)

毎日新聞の英字新聞であったMainichi Daily NewsWaiWaiというコーナーにおいて、わいせつ記事が長年に渡って掲載されていた件については、毎日新聞が、Web版の開設ともに始まったものであると述べ、謝罪を2008年6月25日の朝刊に掲載ことにより終結するとみる向きもあった。しかし、図書館のマイクロフィルムに残されていたMainichi Daily Newsの記事を、一般の人が見つけ出すことにより再燃した。彼女たちが見つけ出した記事によると、Web版が解説する前の1997.10からすでにMainichi Daily Newsにわいせつ記事は載っていたのである。

 彼女たちの快挙について広く知れ占めることになった記事
   http://2channel2.blog32.fc2.com/blog-entry-286.html
 「図書館と一般人が新聞社の脅威になった日」
   http://d.hatena.ne.jp/kunimiya/20080812/p4
 「毎日変態記事問題の新たな火種」(新小児科医のつぶやき)
   http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20080813
 「毎日新聞問題は「セクハラ問題」であるとの認識」(Tech Mom from Silicon Valley)
   http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20080813/1218612137 
 「毎日英字紙にも「変態ニュース」 11年前から多数の記事掲載」(J-CAST
  http://www.j-cast.com/2008/08/13025121.html

私にとっては以下の点が興味深かったです。
(1)Mainichi Daily Newsの街頭記事を見つけたのが、毎日新聞が敵対視していたキモオタの方々(すみません、お詫びします)ではなく、2ch鬼女板(既婚女性)の方々であること。
(2)毎日新聞は紙に印刷されている情報をweb上に存在する情報に対して上位にみなしていると推測されるのですが、鬼女たちが利用した情報は、マイクロメディアという非常に古典的な媒体に記録されたMainichi Daily Newsの記事であったということ。


で、どのように私が感じたかは別にして、今回の問題を解決するためには、鬼女板の方が見つけた事実を毎日新聞が認めることが第一歩だと思います。