はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

オーマイニュースの終焉: 変態ニュースにおける毎日vs鬼女のバトルは、かつてのバトル(鳥越編集長vs岡田有花)と同じ結果をもたらす可能性がある

オーマイニュースが事実上の終焉を迎えた。


ITmedia岡田有花記者との一件(2006年09月02日)で、当時の編集長である鳥越編集長のインターネットリテラシーが極めて低いことが」露呈したことを知った人の多くは、遅かれ早かれオーマイニュースがこのような日がやってくるのを予見していただろうから、あえて話題にする必要もないのであるが、毎日ヘンタイ記事の件と類似性を感じるので今回記事にすることにした。

まず、ITmedia岡田有花記者との一件というのをご存じない方もいらっしゃると思うので、これについて簡単に解説する。事件の流れは以下の通りである。

【2006年7月10日】
岡田記者はITmdeiaNewsに「ブログでも2chでもない「市民新聞」とは――オーマイニュース鳥越編集長に聞く記事」において(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/10/news052.htmlという記事を掲載する。この記事には鳥越編集長が以下の発言したと書かれている。

2chはどちらかというと、ネガティブ情報の方が多い。人間の負の部分のはけ口だから、ゴミためとしてあっても仕方ない。オーマイニュースはゴミためでは困る。日本の社会を良くしたい。日本を変えるための1つの場にしたいという気持ちがある。」

【2006年9月2日】
この記事に対して、鳥越氏は『オーマイニュース×ブロガーシンポジウム』において「インタビューのとき、たしか『一部の』と言ったつもりなんだけどね、(記事では)2ちゃんねる全体が全部ごみ溜めみたいになって」という発言をする。

【2006年9月04日】
これに対して、岡田記者はITmdeiaNewsの記事でインタビューのテープ起こしをした内容を掲載する(「どの情報を信じますか?」http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/04/news071.html)。これによると鳥越氏は以下のように発言したということである。

2chはネガティブ情報の方がどちらかというと多い。2ch見ていると罵詈雑言が多い。それはそれで、人間の負の部分のはけ口だから、ごみためとしてそういう部分があっても仕方ない。ぼくらはごみためでは困るので、日本の社会を良くしたい、変えたい。変えるための1つの場にしたいという気持ちがあると思う。」

さらに、岡田記者は続ける。
>この記事も、同席した広報担当者に掲載後にURLを送信し、掲載確認をもらっているが、
>内容に関する修正依頼などはなかった。

鳥越氏は何故、岡田記者の記事を否定したのだろうか?おそらく、自分が否定すれは多くの人は自分のことを信じると思ったのだろうと思う。何故なら、鳥越氏は高名なジャーナリスト(毎日新聞出身)であるのにたいして、岡田記者は(名も知れぬネットだけに存在する)ITmdeiaNewというメディアの若手記者であるからである。もちろん、一般社会では高名な鳥越氏の発言を信じたのだと思う。しかしながら、ネット社会は、証拠を重要視するある意味で"まとも"な社会である。岡田記者がインタビューのテープを根拠にしたことで、岡田記者の方を信じることが正しいとするのがネットとしては当然の判断なのである。


さて、このように書いてくると、毎日ヘンタイ記事事件との類似性に気がつく人もいると思う。なぜならば、「ネット君臨」の記事が占めるように毎日新聞はネットに対して否定的な立場をとっていると思われるからである。

『「ネット君臨」問題が明らかにしたもの・前編【コラム】』(ガ島流ネット社会学 at IT-PLUS)http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT11000008022007

その毎日新聞が、英文誌(Mainich Daily News)のネット版のWaiWaiというコーナーでわいせつ記事を9年前から掲載していたという問題を起こす(実は、ネットが始まる前の11年前から掲載されている)。この問題には前から指摘があったが、最終的に毎日新聞がネット版のWaiWaiついて謝罪したのは今年の6月の末になってからであった。毎日新聞のスポンサーには今回のことを問題視する人たちにより、いわゆる電凸がされていたようであるが、毎日新聞は「ニートのキモヲタ男」が行っていると思っていたようである。しかし、実は鬼女板(既婚女性が活動している2chの掲示板の一群)が中心で行ってきたであったことが分かってきた。そして、毎日新聞の主張では、わいせつ記事はMainich Daily Newsウエブ版が始まった時からではなく、紙の媒体だけであった少なくても11年前から始まっていたことが、図書館のマイクロフィルムに保存されていたMainich Daily Newsを探索することにより見つけたのは鬼女たちであった。

二つの記事を比較してみると以下の通りになる。

追及された方々 敵だと思われていた方々 一撃をくらわせた人 2年後の状況
オーマイニュース」鳥越編集長 ごみためと称された2ch 岡田有花記者(ITmedia) オーマイニュース」の終焉
毎日新聞 ニートのキモヲタ男 鬼女板の住人

オーマイニュースは終焉を迎えたが、毎日新聞にはどんな未来が待ち受けているのだろうか?