はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

毎日へんたい記事問題を知らしめる手段としての Yahoo!News のコメント欄(後編)

前の記事(http://d.hatena.ne.jp/natuka_shinobu/20080831/1220158384)に書いたように、Yahoo!New の記事にはコメントをすることができる。そして、Yahoo!Newsの読者はコメントの数をもとに読む記事を選ぶことができる。コメントの多い記事の20位まではランキング(http://headlines.yahoo.co.jp/cm/list/)に掲載され、5位までは他の場所にも表示される。
さて、この記事の表題でもあるが、コメントを通じて記事の注目度を上げようとすることを試みる人たちがいる。はてなブックマークにおいて、ブックマークをすることと同じように、コメントを書くことにより他の人の注目度をあげるのである。そんなことをしないで、ブログを立ち上げて自分の意見を表明したらいいという方もいると思う。しかし、ブログを立ち上げたとしてもそれが注目を浴び、影響力があるところまで育つまでには時間がかかるので、直ぐには効果がないと考える人もいると思う。また、コメントを書き入れるのは容易であるが、ブログを立ち上げるのはヤッカイだと思う人もいると思う。したがって、Yahoo!Newsのコメント欄に意見を書き込むというのは有効な選択肢の一つであると思う。コメント欄に意見を書き込むことは何も問題がないように見えるし、実際に、Yahoo!Newsのコメント欄に有益なコメントを残そうとする人には何も問題がないと私は思う。しかし、実は問題が内在する。それは、コメントスパムが引き起こすものである。

これについて述べる下準備として、まず、コメントと、スパム/荒らしとの関係について述べる。2chが“荒らし”により荒れることがあることはよく知られている。鬱積を抱えている人や、板(掲示板)の話題に悪意を持つ人(例えば、板がタレントやテレビドラマについてのものである時においては、ドラマ/タレントなどのアンチの人)によって、意味のないor不快な書き込みがされることである。これが、“荒らし”である。書き込まれたものをスパムと呼ぶことにしよう。

荒らしに対して2chの管理者は何をしているかというと、実は何もしていないと私は認識している。2ch側は、2chに書き込む人のIDを、書き込んだ内容と同時に表示するようにするだけである。2chを通常のブラウザー(IEFirefox,Opera, Safari..)でなく専用ブラウザーで閲覧する人は、問題がある書き込みをする人のIDを見つけ、これを「あぼーんリスト」に入れてることによって対処をする。そうすると、掲示板から「問題がある書き込みをする人」の書き込みを消し去ったもののみを観ることができるようになる。「あぼーんリスト」に入れられるのはIDだけでなく、キーワードも入れられる。したがって、専用ブラウザーを利用するならば問題のあるキーワードを含む書き込みを見なくてよくなるのである。

それではYahoo!Newのコメント欄について戻ろう。Yahoo!New では、コメントを書き込んだ人のIDは表示しない*1。したがって利用者側にスパムを取り除く手段はない。スパムを取り除くのはYahoo!側がしている。ある意味で、何もしなくていいユーザは楽である。しかし、スパムを取り除く基準がわからないと、危うさが生じる。つまり情報操作の可能性である。逆に、情報操作がなくても、基準がわからないと情報操作があると邪推されてしまう。つまり、スパムでないコメントも削るように操作してしまっていると邪推されるのである。

現在(2008.8.31,15:16)のコメント数のランキングは以下のとおり*2である。各々の記事に対するコメント数をも記載する(括弧の中は、削られた後のコメント数)である*3。これを見ると、まず、「変態ニュース」は多くの人が注目していることがわかり、問題視している人が多いのでは推測すると多いのでは思う。さらに詳しく数字を見てみよう。すると、削られた結果残っているコメントの割合は「変態ニュース」が、他のものに比べてかなり少ないことが分かる。この記事において、残っているコメントは15%以下である。これに対して、他の4つの記事では低いものであっても50%である(「30〜40歳代の働く女性に 「就活」ならぬ「婚活」がブーム」)。
確かに、「変態ニュース」 においては、スパムとみなされてしまうと予想されるコメントが多いと私も感じる*4。過激なもの、今回の記事に関係ないもの、コメント数稼ぎと思われるものも少なくない。これらの書き込みを削ってくれることは、有意義なコメントが埋没して見えなくなってしまうことを防ぐのでありがたい。しかし、問題がないと思われるコメントが削除されているのも事実であり、コメント欄には、その指摘が何度も書きこまれている*5。さて、悩ましいのはこれをどう解釈するかである。効率的にスパムを削るために不可抗力で問題ないコメントが削られてしまっているのと好意的にとらえるか、コメント数を減らすことによりこの記事がランクの最上位にくるのを防ぐ操作をしているととらえるかは、人によって異なってくると思う。

第1位: 61448件 (40672件)「ビジュアル系ロックバンド・Versaillesが法的理由でバンド名変更へ」
第2位: 24142件(11853件)「30〜40歳代の働く女性に 「就活」ならぬ「婚活」がブーム」
第3位: 47167件(7198件)「毎日英字紙にも「変態ニュース」 11年前から多数の記事掲載」
第4位: 1939件(1446件)「11歳の母? 小学生の妊娠を描いた問題作『コドモのコドモ』 最新予告編が到着!」
第5位: 1430件(1348件)「上・下位県が固定化=「習慣、指導に一定傾向」−学力テスト2年目・文科省

それでは、強引にまとめることにしよう(おいおい(笑))。変態記事について、Yahoo!News における記事のコメント欄に意見を書き込むのは有効なことであると私は考えている。Yahoo!によりトピックスとして選択されていないこの記事を注目させ、多くの人に読んでもらうためには有効である。確かに、事情にまだ気が付いていない人を引かせてしまうような過激なコメントや、コメント数稼ぎだと推測されてしまうコメントを書くことは逆効果だと私は思う。しかし、有効なコメントであるならば、コメントが継続的にがされているという事実を知ることにより、忘れやすい日本人がこの一件を重大な問題だと思い続けており、毎日新聞が適切な行動をとらない限りそれは風化されることのないという印象を与えることになるので、有意義であると思う。

*1:同じYahoo!でも、Yahoo!映画では上映された映画に対するコメントとともにIDを表示している

*2:一時期、変態ニュースについての記事の順位は11位以下に落ちがたが、現在は3位になっている

*3:順位と、削除が行われたあとのコメント数の順番は一致しない。Yahoo!は、過去3日の統計を取って順位を決めていると説明している

*4:コメント数が増えることを好ましく思わない人が、スパムコメントを多量に書き込むことにより、削除が始められるのを促しているように感じることもある

*5:このような指摘のコメントは削られる、記事に対するコメントでないので削るという考え方も、ありえる選択肢ではある