はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

竹田城跡(兵庫県朝来市和田山町竹田)についてのメモ書き

http://www.tomorrowearth.com/2008/08/takeda-castle.html:Title」をいう記事を読んで、兵庫県朝来市和田山町竹田にある竹田城跡のことを知りました*1。確かに、この記事に載っている写真を見ると、「日本のマチュピチュ」と言ってもおかしくないような風景ですね。どうやっていくのかがわからないので調べてみました。朝来市のホームページのhttp://www.city.asago.hyogo.jp/kankou-jouhou/shiseki_takedajo.html:Title=観光情報によると、「JR播但線竹田駅から駐車場までタクシーで約10分−駐車場から徒歩約10分、  登山口から登山道を徒歩で約20分」ということです。なお、 「登山口から登山道をタクシーは常駐しておりませんので事前にご連絡ください。」とも書いてあります。タクシーが必須なのか、それとも、駅からすぐに登山口があり、そこからは登山ができるならば20分というのかよく分かりません(継続した調査が必要)。
JR播但線竹田駅*2までの経路ですが、東京を9:50に出発すると、東京—(新幹線のぞみ65号)->京都—(特急タンゴディスカバリー1号)->綾部—(特急タンゴディスカバリー1号)->福知山—(特急北近畿7号)->和田山—(JR播但線)->竹田 という経路で14:31 に竹田に着きますから、4時間41分かかります。姫路経由は5時間17分(10:03->15:20)なので、これよりは少し時間がかかります。値段はどちらとも、15400-15800円くらいですね。
余裕があれば、途中で一泊して、他の観光地も訪れるのが良いですね。でも、綾部(京都府)、福知山京都府)、和田山兵庫県朝来市)にはホテルはあるけど観光地ではないです。まぁ、行ったことがないので泊まってみる価値はあるとも思います。
また、城崎温泉でとまったらば遠回りになってしまいますね。竹田駅の周辺で何か他の観光スポットがあるといいのですが今のところは見つかりません。そんなに急ぐこともないので、気長に探すことにしますか…。

【追記 9/23 その1】
朝来市は、2005年4月に 和田山町生野町、朝来町、山東町が合併してできた自治体です。和田山町が市の中心なのですが、合併した4つの町が朝来郡に属していたので朝来市になったようです。なお、竹田城跡は旧和田山町にあります。なお、竹田町は、昭和31年9月30日に南但町と共に旧和田山町と合併しています。
【追記 9/23 その2】
城崎温泉があった城崎町は、2005年4月1日に、竹野町日高町(以上城崎郡)、出石町但東町(出石郡)と共に豊岡市と合併しました。
【追記 9/29 その3】
本日、和田山観光協会に電話で問い合わせて以下のことがわかりました。

  • 竹田の駅から登山道を登って40分くらいかかる。普通のスニーカーでも登れるとのことでした。
  • 10/11,12には「竹田秋祭り」がある。
  • 霧に包まれた幻想的な風景を見るのには11月がよい。

*1:竹田城というと竹田市にある荒城の月で有名な城を思い浮かべるかもしれないが、この城の名前は岡城である

*2:大分県竹田市の中心駅は豊後竹田である