はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

クドカンワールド炸裂か?   ドラマ「流星の絆」

ドラマ「流星の絆

流星の絆」(TBS金10)が2008.10.17より始まります。

はじめに

原作:東野圭吾、脚本:宮藤官九郎、主演:二宮和也で兄妹の絆を描く感動作!!
東野圭吾氏の最新刊「流星の絆」は、2008年上半期小説部門売り上げ No.1 の本格的ミステリー。原作の要素を大切に、脚本家・宮藤官九郎が得意とする青春ドラマの要素を加えた金曜ドラマ流星の絆』は、この秋注目の話題作 !!
小学生のときに両親を何者かに殺された3人の兄妹…… 功一、泰輔、静奈。3人はそれ以来ずっと、お互いの絆だけを頼りに生きてきた。
この兄妹を演じるのは初顔合わせとなる二宮和也錦戸亮戸田恵梨香。またこの3人を見守る刑事役に三浦友和。豪華出演者でお送りする。

TBS 金曜ドラマ『流星の絆』 | はじめに

番組のホームページの「はじめに」に上のようなことが書かれていたらば、通常はシリアスなドラマだと予想するでしょうね….。

ただ、気になるところは気になるところは、「脚本:宮藤官九郎」というところです。宮藤官九郎さんの前作は、「未来講師めぐる」 (2008.1-3、テレビ朝日金10)で思いっきりおバカなドラマでした。ヒロインの“めぐる”(深田恭子)は、お腹がいっぱいになると人の20年後の姿が見えてしまう自慢?を持っている塾の講師でした。

調べてみたらば、プロデューサーの一人が磯山昌さんでした。宮藤官九郎さんと磯山昌さんって、磯山昌さんが「池袋ウエストゲートパーク」の脚本に宮藤官九郎さんを抜擢?してからの名コンビなのです…。このドラマ以降、磯山昌さんが手がけた作品の多くを宮藤官九郎さんが脚本を書いています。

池袋ウエストゲートパーク」(2000.4-6、TBS金9)宮藤官九郎
木更津キャッツアイ」(2002.1-3、TBS金10) 宮藤官九郎
ぼくが地球を救う」(2002.7-9、TBS木10) 中園ミホ
マンハッタンラブストーリー」(2003.10-12、TBS木10) 宮藤官九郎
タイガー&ドラゴン」(2005.4-6、TBS金10) 宮藤官九郎
吾輩は主婦である」(2005.5-7、TBS昼ドラ) 宮藤官九郎
特急田中3号」(2007.4-6、TBS金10) 橋本裕志
「歌姫」(2007.10-12、TBS金10) サタケミキオ
流星の絆」(2008.10-12、TBS金10) 宮藤官九郎

さて、この中で私が注目するドラマは脚本がサタケミキオさんであった「歌姫」です。このドラマのキャッチコピーは「戦争で記憶を失った男がいた。彼を愛する女がいた。ふたりの愛はうまくいくと誰もが思っていた。」というものであり、悲恋を想像されるようなものでした。
しかした、ドラマが始まってみると、家族の食事のシーンで卵焼きの取り合いをするようなドラマでした。途中までは不安要素があるにしても、悲恋となるようにはおもえませんでした。確かに、最後にはキャッチコピーがあながちウソではないような結末にはなりました。ただ、キャッチコピーと違うのではないかと思って観るのをやめた人もいたと思います。このためかどうかは分かりませんが、視聴率は平均視聴率が7.95%でしたので悪かったです。ただ、ネットの評判はよくて、2007年度ギャラクシー賞のマイベストTV賞グランプリを獲得しました。

さて、「流星の絆」はどうなりますでしょうか??