はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

福島市について(11/2-3)  宮城県南部と福島県の旅

少し立ち寄っただけでは街の良さがわからないけれど、一晩泊まってみるとわかるということは私の経験ではよくあります。このため、できるならば色々な街に泊まってみようと思っています。ただ、問題は費用がかかることなのですが、これについてはインターネットを使ってリーズナブルな値段のシティーホテルを探して対処しています。前回に福島市に来た時には競馬の開催中だったので適当なホテルが見つからずに、二本松に泊まったのですが、今回は手ごろな値段でホテルが見つかったので福島市に泊まりました。
福島市のいいところは繁華街が駅の近くにあることです。そしてデパートである中合百貨店が駅前にあることです。前の晩に泊まった盛岡市にあった川徳デパートは立派なデパートなのですが、駅から歩いて20分くらいのところにあります*1。また、繁華街も駅から遠いです。
あと、福島市で面白いと思ったのは、駅ビルの食料品屋さんが地下ではなく1階にあることです。これは、駅ビルに地下がないからなのでしょうが、旅行者にとっては便利です。私の旅行ではいつものことなのですが、節約のために、ここで夕食を買ってホテルで食べました。
宿泊した翌日、駅に向かう大通りで何やらイベントの準備をしていました。旅行の最終日だったので、お昼ごろまで福島市に滞在してから帰るように変更しようかなぁと思ったのですが、いつもと違い今回は予定通りに福島市を後にしました。

*1:盛岡市都市循環バス「でんでんむし」を使えば100円で行けます「http://www.iwatekenkotsu.co.jp/denden.htm