はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

日本で首相になるためには「カップめん」、「ほっけ」について詳しくなくてはならない件

麻生内閣の打ち出した「定額給付金」については、いただいたらば貯金しようと考えているので、残念ながら消費刺激という本来の意図に沿った使い方はできそうにない。「定額給付金」については色々な意見があると思うし、それについてマスコミが報道することも、過度な報道でないのならば、本来のマスコミの役なのかもしれないと思う。
ただ、「カップめん」、「ほっけ」についての報道は新聞やテレビのニュースに期待されているものではないように思う。

私は「カップめん」にも、「ほっけ」にも詳しくない。「カップめん」は買うとしても1年に一個くらいである。また、その値段をあまりハッキリと把握していない。今は沢山の種類があるようであるが、買うとしてもオリジナルの「カップヌードル」か、「カップヌードル」のシーフード味くらいである。私のカップめんについての知識は、「カップヌードル」1971年が発売された以来更新されていないのである。かといって、私は麻生首相のようにお金持ちではない。コンビニには毎日行くし、コンビニ弁当もよく買う。しかし、「カップめん」には興味がないので「カップめん」が並んである棚は見ない。「カップめん」は牧山ひろえ議員によると一人当たり年間かなりの個数を消費しているようであるが、興味がない人は値段など知らないのである。

また、私は実は「ほっけ」と言う魚を食べたことがない。また、他の魚にも興味がない。私は、カマスの干物が好きなので、アジの干物とは区別できる。しかし、カマスが他の魚と一緒に泳いでいる時に区別が着くかは自信がない。しかし、魚についてそれほど困ったことはない。鮨屋(多くの場合回転寿司)においても、寿司ネタは区別できるので何の支障はない。
ただ、以下の報道を読むと政治家は目指さなくて良かったと思う。

私ならば、煮つけがあったけど何の魚かは分からないと言うと思う。それでも、記事になったのかなぁ?ともあれ、記事にするならば、麻生首相が食べたのは実際には何であったかところまで調べて書いてほしいと思う。

麻生首相:庶民の味は「ホッケの煮付け」? 首相「食べた」/居酒屋「出してない」
 10日の自民党役員会で、麻生太郎首相が前日の居酒屋での大学生との懇談に触れ、「(メニューは)ホッケの煮付けとか、そんなもんでしたよ」と紹介したのに対し、大島理森国対委員長から「ホッケは焼くしかないんです」と突っ込まれる場面があった。
 ホッケは煮付ける料理法もあるが、一夜干ししたものを焼くのが一般的。首相が訪れた東京・渋谷の居酒屋でも「ホッケの煮付け」はメニューになく、 「特別に調理して出すこともない」という。首相は先月、国会でカップめんの価格を「400円ぐらい」と答弁し、庶民感覚を問われた。【近藤大介】
毎日新聞 2008年11月11日 東京朝刊

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081111ddm005010117000c.html

麻生首相またもセレブな金銭感覚

 「ホテルのバーは安い」が持論の麻生太郎首相(68)が28日、参院外交防衛委員会での民主党議員との質疑で、カップめん1個の値段を「400円」と発言、セレブな金銭感覚をあらためて浮き彫りにした。

 牧山ひろえ議員(44)が「お昼ご飯の代名詞といえば、即席めん。突然ですが、カップめんは1ついくらかご存じか」と切り出した。麻生氏は「最近は買ったことない。最初に日清(食品)が出した時はえらい安かったが、あの時は何十円? 今は400円くらい? そんなにしない? いろいろ種類が出ているのは知っているけど」と、しどろもどろ。牧山氏が「定価は170円」と指摘すると、麻生氏は「最近自分で買ったことがないので、今言われても…」と、言い訳した。

 また、飲食チェーン店のクーポン券を手にした浅尾慶一郎議員(44)に「庶民の心がよく分かる麻生総理は、使ったことありますか」と問われ「持っている方に『ください』と言ったら『あなたみたいな方には必要ない』と、断られたことはある」と自虐的に告白。「そういったものがあるのはよく知ってます」と強調したが、即席めんといい、庶民の必需品とは縁がないことを露呈した。

 同日夕の衆院本会議で民主党は、解散・総選挙先送りを批判。中川正春議員(58)は「本当は自民党が選挙を戦えないから解散しないのに、金融危機にすり替えている」と指摘したが、麻生氏は何も答えなかった。麻生氏は30日の会見で、当面の解散見送りを表明するが、早ければ今国会を12月下旬まで延長した上での「クリスマス解散」説も、浮上している。

 [日刊スポーツ2008年10月29日8時21分 紙面から]

麻生首相またもセレブな金銭感覚 - 政治ニュース : nikkansports.com

最後に、ホッケの煮付けのレシピを見つけたのでリンクを張っておきます。

私は、「ホッケは焼くしかないんです」と思っている大島理森国対委員長や、「お昼ご飯の代名詞といえば、即席めん」と思っている牧山ひろえ議員の方が麻生首相よりいかがなものかと思わなくはない。だだ、牧山ひろえ議員の場合には、実際に発言している場面をYouTubeで観ているので、本当にいかがなものかと思うのであるが、大島理森国対委員長の場合には記事でしか読んでいないので、「いかがなものか」と思うほどのことではなかったのかもしれない。