はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

封鎖されていたタイの空港が正常化されつつあるようです。よかったですね。

<タイ>バンコク国際空港、10日ぶりに復旧
12月5日10時56分配信 毎日新聞
 【バンコク藤田悟】タイのバンコク国際空港(スワンナプーム空港)は5日午前、搭乗や出入国手続きなどの空港業務を再開、先月25日に反政府団体「民主市民連合」による空港占拠で閉鎖されて以来、10日ぶりに復旧した。6日には航空便の運航がほぼ正常化する見通しという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081205-00000036-mai-int

タイの国の在り方からして、国王が乗り出せはすぐに解決すると思っていたのですが、今回は国王が体調を崩していたために発言されることがなく、結果的に解決が遅れたようです。
空港封鎖は、タイの経済に悪影響があり、特に旅行業界には大きな打撃であるので、10日かかったことは確かですが、解決して良かったです。

今回、思ったことは、マスコミの情報では旅行者に対する影響がよくわからないことでした。

<タイ>旅行者怒り 占拠者余裕…空港封鎖発生7日目
11月30日20時25分配信 毎日新聞
 政府発表では、足止めされた外国人は日本人1万人を含む計10万人。堺市の60歳代女性はバンコクのホテルで、「航空会社は補償に応じず、宿泊費も帰国のための新たな航空券の購入も自腹。理解できない」と怒り心頭に発していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081130-00000052-mai-int

堺市の60歳代女性」でなくても、この件に巻き込まれた人は怒っていたことは確かですから、バンコクで取材しなくても作れる記事だと思います。

JTBのような大手旅行会社の添乗員付きのツアーに参加されたのであれば、全てのことを現地スタッフが取り計らってくれるので、帰国が遅れることは確かですが、金銭的にも負担が増えることはないと思います。ホテルだけの料金が組み込まれているツアーでも、ある程度は旅行会社が面倒みてくれるのではないかと思います。チケットだけを買った場合でも正規料金で購入したのならば、帰国便の日にちを変えればいいだけなので、チケットを買い直す必要はないと思います。,,となると、「堺市の60歳代女性」は帰国便を変更できない格安チケットを使ってバンコクに来たということでしょうか?しかし、この場合でも、ちゃんとした会社(例えば、HIS)で買ったのならば、ある程度はどうにかしてくれるのではないでしょうか?それに、海外旅行保険に入っていたのならば、ある程度のお金が返ってくるはずだと推測します(調べていないので、実際はわかりません)。
とにかく、新聞記事からでは、具体的に何が問題なのかがわからないのです。結局は、帰国してきた人が書くブログを観るしかないのでしょうね。この辺は、サッカー、フィギュアスケートなどのスポーツにおいて、メディアの情報より、一般人のブログが役に立つのと同じなのかもしれません。

さて、タイの政情が不安なことはこの事件以前からであり、報道もされていました。その政情不安の結果、今回の空港封鎖が行われたわけです。

在タイ日本大使館からは、9月2日付けで「注意喚起」が出ていたようです。

また、空港封鎖が起きる前の報道で、タイへの観光客が減少していることでタイの観光業界へ影響があるという報道が09/14の時点も既にありました。

タイ、非常事態宣言を解除 観光客減少、経済に打撃
 【バンコク14日共同】タイのソムチャイ首相代行は14日、首都バンコクの非常事態宣言を解除した。反タクシン元首相派の市民団体「民主市民連合」が首相府を占拠し、その後の市民同士の衝突で死傷者が出たことから、サマック前首相が2日に非常事態を宣言。首相代行は記者会見で「暴力行為は収まった」と解除の理由を説明した。
 非常事態宣言で5人を超える集会が禁止されたが、市民連合は首相府占拠を継続。流血の事態を懸念した軍部は参加者の強制排除に乗り出さず、宣言は事実上効力を持たない状態だった。観光客減少を招くなど経済への打撃にもなり、アヌポン陸軍司令官のほか財界も早期解除を求めていた。
 タイ政府観光庁によると、8月26日の首相府占拠以降、外国人旅行者は2割以上減少。タイ渡航に注意を呼び掛ける国も相次ぎ、「非常事態宣言が観光国のイメージ悪化に拍車を掛けている」と指摘されていた。
2008/09/14 15:36 【共同通信

http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091401000244.html

したがって、観光客で、何かが起きたら時に対処できる自信がないと思う人は時期を変えるか、旅行地を変えることが望ましかったと思います。どうしてもこの時期にタイに行きたかったのならば、通常は格安航空券を使っていても、今回は添乗員付きツアーに帰るようなことも考慮する必要があったと思います。なお、私ならば、国王の誕生日(12/5)以降に帰りの便を変更してもらうように交渉して、10日間はタイや近隣の国の観光をしたのではないかと思います。

この辺のことをしっかりと書かないで、空港封鎖の結果、怒っている人がいるということだけを記事を書くと、その新聞社には信頼感はなくなってしまうのでないかと懸念します。

念のために付け加えておくと、今回の参照記事に毎日新聞が多いですが、これは、私がニュースを見つける一つのサイトとして、Yahoo!Newsを使っているからです。Yahoo! Newsの記事は、全ての全国紙から均等に選んでいるのではなく毎日新聞の記事を選ぶことが多いです。結果的に、私は見る記事の中で毎日新聞の記事が多くなることが起きます。なお、Yahoo! Newsの記事を観る時には、必ず記事のソースがどこであるかを確認する必要があると思っています。ソースによって記事の信頼度が異なるからです。