はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

フィギュアスケートにおける回転不足の際の大きな減点について

フィギュアスケートに限らず、世の中のいたるところに評価システムがあります。スポーツ以外では、例えば、会社における人事評価システムがあります。どんなコミュニティー(スポーツ、会社、団体)においても評価システムの評価対象者の人は、評価システムにおいてできるだけ高い評価を得ることを目指します。もちろん、高い評価を得ることだけを唯一の目的にせずに、結果的に高い評価となることが望ましいと思っている人もいます。

どんなコミュニティーの評価システムにおいても、共通なことは少なくても2つあると思います。一つは、コミュニティーにおいて理想像があり、評価システムで高い評価を得る時には理想像に近くなるように評価システムが作成されていることです。

もう一つは、評価システムが誰にでも理解できることが望ましいとされていることです。これは非常に重要です。例えば、会社において、評価システムの内容を詳しく知っているのが幹部でだけであり、評価対象となる社員には詳しい内容が明かされていないとします。この時に、二人の社員に対してされた評価の優劣が、多くの社員の判断とは逆であったとしたらば、評価を行っている幹部、そして、会社に対して不信感を抱くと思います。会社ならば、少し不信感を持ったとしても直ぐに会社を辞める社員はいないかもしれません。しかし、構成メンバーが変化する可能性が高い流動的なコミュニティーの場合は、不信感を持った構成メンバーはコミュニティーから離れていき、結果として、そのコミュニティーは衰退していくことになると思います。


それでは本題に入りましょう。フィギュアスケートにおいて選手の演技を採点するシステムが、最近、新しいものに変わったのですが、この評判が悪いです。特に、ジャンプが回転不足と判断された時の減点が大きいことを問題視する人が多いです。

今回の採点システムの改定は、フィギュアスケートを良くすることを願って、導入されたと思います。しかし、結局は、回転不足と判断された時の減点が大きいために、重要な競技会では失敗して減点を受けるというリスクを避けるために、難しいジャンプを行わない選手が増えました。したがって、新しい採点システムを導入したことにより、フィギュアスケートの理想像からは、かえって離れた方向にフィギュアスケートが向かってしまったのではないかと感じている人が少なくないと思います。

 また、回転不足の判定が分かりにくいことも問題になっています。この結果、高い得点を与えたくない選手の得点を下げるために、「回転不足の判定」が使われているのではないかとジャッジに不信感を持つ人もいると推測します。特に、フィギュアスケートにある程度は詳しいけれど、それほどは詳しくない人に多いのではないかと思います。映像を自動的に解析して判定をするシステムを作るか、ジャッジの間で行われる会話を誰にでも聞けるようにする以外は、この不信感を完全に払拭することは難しいのではないかと思います。

高い得点を与えたくない選手の得点を下げるために、「回転不足の判定」が使われたのではとないかと疑われたのは*1NHK杯における浅田真央さんの演技であったと思います。浅田真央さんはFSにおいて2つの3Aに挑みました。解説の人の判断では両方とも3Aだったのですが、ジャッジの判断ではそのうち1つは3Aとは認定されませんでした。

そこで、私が注目していたのは、韓国で開催されるグランプリファイナルにおける浅田真央さんのFSにおいてはどのような判断がジャッジによってされるかでした。何故ならば、浅田真央さんと優勝を争う金妍児さんは韓国の選手であり、会場では彼女に対する大きな声援が行われると思われたからです。この結果、ジャッジが空気を読んでしまうことが懸念されたのです。サッカーの審判ならば確実に空気を読んでしまうことになると私は思いました*2。しかしながら、今回はジャッジが空気を読んでしまうことになる可能性はありませんでした。浅田真央さんの行った二つの3Aは完璧に近いものだったからです。完璧なジャンプを跳べば、回転不足とは判定されないとことが証明されないことが例証されたことは良かったと思います。

*1:単に、私だけが疑っていた可能性もあります

*2:サッカーの国際試合における審判の判定はホームのチームに有利になることが多いです。審判は第3国の人が務めるのですが、熱狂的にホームチームに応援がされる環境においては、どうしてもホームチームに対する有利な判定がされがちです。特に、日本と韓国の試合が韓国で行われる時は、韓国の方は熱狂的な方が多いですから、韓国寄りの判定がされがちです