はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

フィギュアスケートのグランプリシリーズが終わって

フィギュアスケートのグランプリシリーズが終わりましたので、グランプリファイナル(女子)に出場した日本選手に対して感じたことと考えたことについてメモ的に書いておこうと思います。なお、今回の文章を読まれて気に障る方がいらっしゃるかもしれませんが、素人の戯言ですので、ご容赦をいただけるようよろしくお願いいたします。

安藤美姫さん】
彼女がシニアにデビューした時には、このまま順調に伸びて行ったのならば、どんな素晴らしい選手になってしまうのだろうと思っていました。現在の彼女は素晴らしい選手ではありますが、残念ながら私が期待したほどは伸びていないです。
安藤美姫さんに対してはメンタルが強くないという指摘が良くされます。しかし、私自身もそれほどメンタルが強くありませんので、この点はそれでもいいと思うのです。ただ、私にとって問題なのは、彼女の演技を観ていて不安定さ、不安感を感じてしまうことです。
彼女が順調に伸びなかった大きな原因として、マスコミが追い回したことがあると私は思っています。本来は藤本美貴さんの愛称である「ミキティー」という愛称をマスコミが勝手に安藤美姫さんにつけて報道し始めたころから支障が起きはじめたのだと私は思っています*1
最近、安藤美姫さんの不安定さが解消されつつあるように感じます。それが、彼女が成長したためか、マスコミの関心が浅田真央さんに移ったためかはよく分かりませんが、どちらにせよ、喜ばしいことだと思っています。

浅田真央さん】
現在、浅田真央さんをマスコミが追い回している過激度は、一時の安藤美姫さんに対するものより大きいと思うのですが、浅田真央さんは安藤美姫よりも影響を受けていないように思います。これは、浅田真央さんが確固たる自己を持っていると言うよりは、いい意味での鈍感力を持っているからではないかと私は思っています。
浅田真央さんの演技は、フィギュアスケートの採点という観点からは、素晴らしいです。TESも高いけれど、PCSも高いです。彼女は、振り付け師の意図どおりの演技をしているのだと思います。しかし、彼女の演技を観て触発されるものがあるかどうかというと、残念ながら私の場合はそうではないです。浅田真央さんの内面、または、彼女が振り付けを自分なりに解釈して描こうとする世界を感じないのです。それに対して、キムヨナさんの場合は触発されるものがあります。ただ、それが彼女の演技自体から感じるのか、彼女が国家を背負っていることから感じるものかはよくわかりません。
しかしながら、今の彼女の年齢において、観て触発される演技を期待するのは無茶なことだと思います。年を重ねることにより、徐々に身につけていってくれればいいと思います。だだ、彼女の場合、今でも十分な得点が出ているし、これからは今以上に高い得点を出すことになると思いますので、私が望ましいと思っていることを身に着ける必要がない選手になってしまうことを懸念しています。

中野友加里さん】
今の日本人選手の中で私が一番演技を観て触発され、また、演技を楽しむことができるのが、中野友加里さんです。彼女が日本ではない他の国の選手でしたら、もっと早い時期から国際舞台に沢山出ることができて、早い年代のうちから伸びたのかもしれません。残念ながら彼女の場合は、上には恩田さん、荒川さん、村主さんがいたし、下から安藤さんが飛び越して行ったし、さらに下からは浅田真央さんが飛び越そうとしていたので、国際舞台への道が遠いものになっていました。だた、現在の彼女を見ていると、道のりが必ずしも順調ではなく、また、強い日本人選手が多くいたからこそ、私が演技を観て触発されるような演技をすることに至ったのではないかと思っています。

*1:記憶が正しければ、安藤美姫さんは、自分のことを「アンミキ」と称していたと思います。