はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

西伊豆についてのメモ

用事のついでに西伊豆に行ってきました。
西伊豆は伊豆半島の西海岸にあり、旧・土肥町(今の伊豆市の西側)、西伊豆町松崎町が主に該当します。なお、沼津市の南部(旧・戸田村など)も西伊豆の範囲に入っています。土肥町は土肥金山、西伊豆町景勝地である堂ガ島で有名です。また、松崎は“なまこ壁”と、入江長八(伊豆の長八)で有名であり、最近はドラマ「界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地として注目を浴びました。西伊豆の見どころは海岸線と海に沈む夕日だと私は思います。

西伊豆の実質上の玄関口は土肥であり、公共交通を使って土肥に行くには主に3つのルートがあります。

  1. 修善寺伊豆市)からのバス(三島から修善寺までは伊豆箱根鉄道駿豆線 )、または三島から修善寺経由のバス。
  2. 沼津港からのフェリー
  3. 清水港(静岡市)からのフェリー

関東から土肥行く一般的なルートは、三島まで新幹線で行き、修善寺経由で行くものです。今回は、三島から修善寺経由のバスで土肥に行く予定だったのですが、三島駅で乗り越してしまいました。三島に戻ることも考えたのですが、結局、新幹線で静岡駅まで行き、清水駅に折り返して、清水港からフェリーで土肥港に向かいました。
船に乗った当初は、波に揺られながら海原を進むことを楽しむ余裕がありました。途中から軽度の船酔になってしまったのですが、それでも船好きの私にとっては有意義な船旅でした。先週からの念願であった夕日は船上から見ることができました。そして、夕日は船が土肥港につくころに海に沈みました。
翌日は、土肥から松崎に向かって走るバスに乗りました。その時に観た海岸線の景色は素晴らしかったです。特に宇久須あたりの景色がよかったので、次回はこの辺で一泊したいと思いました。今回は海が荒れていたので、堂ヶ島において、洞くつめぐり遊覧船に乗れなったのは残念でした。

松崎を訪れたのは2度目だったのですが、こんどは前よりはゆっくりと町並みを楽しむことができました。以前、松崎を訪れた時は、沼津から伊豆箱根鉄道のフェリーで来たのだと思います。ネットで調べたところ、このフェリーの廃止は2003年8月31日だったようで、少なくても五年ぶりに訪れたことになります。この5年の間に、ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004.7-9、TBS)のロケ地になり、セカチューファンが大量に訪れた時もあったのでしょうが、今は前と同じように落ち着いたたたずまいの松崎でした。

なお、帰りは蓮台寺経由で伊豆急線に乗ったのですが、途中で稲取で降りて、つるし雛を観ました。