はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

朝ドラ「だんだん」の「みんなの感想」に対する解析と評価

Yahoo!テレビの「みんなの感想」の概要】
テレビ番組に対する意見を書き込む掲示板はネット上には沢山あります。今回は、これと少し似ているYahoo!テレビの「みんなの感想」を「だんだん」という番組を例にしてとりあげます。掲示板の場合は、他の人の書き込みに対して応答を書き込むという仕組になっています。または、そのような仕組みがないとしても、必要があればそれに応答するという形で議論が進んでいきます。これ対して、「みんなの感想」は各々が自分の意見を書き込むだけであり、基本的に他の投降者とのかかわりは起きません。なお、他の投降者とかかわりが起きないということについては、良い側面も残念な側面もありますが、ここではそれについて意見を述べないことにします。

「みんなの感想」においては、投降者は感想を書き込むと同時に、番組に対して「1」から「5」までの五段階の評価をします。この評価の平均が「みんなの評価」として提示されます。「みんなの感想」の面白い所は、閲覧者が投稿された感想を支持する場合には、その感想に投票ができることになっていることです。各感想が集めた票を数についても、それぞれの感想の付加情報として示されます。
Yahoo!のIDを持っている人は一日一回だけ書きこむことができるようになっています。このため、一日に複数回投稿することにより、「みんなの評価」を意図的に上げようとしたり、下げようとすることはできなくなっています。なお、投稿された感想が不適切であると閲覧者がみなした際には、Yahoo!に知らせることができるようになっています。その結果、削除された感想もあるようです。

【朝ドラ「だんだん」の「みんなの感想」】

「みんなの感想」は各々の番組に対して作られています。今回は、朝ドラ「だんだん」の「みんなの感想」を取り上げます。何故ならば、現在放送中の番組の中では感想が一番多く書き込まれているからです。

「だんだん」の「みんなの感想」における感想の投降数は2009/02/08 11:12の時点で2200件です。そして、「みんなの評価」は、2.88になっています。なお、ドラマが始まった10月からしばらくの間は「みんなの評価」は高い値でした。例えば、第6週が終わった時点では、4.45くらいの値でした。しかし、この値はドラマが展開するに従って段々と減っていきました。

「だんだん」の「みんなの感想」と「みんなの感想」については、私なりの見解があるのですが、主観的になってしまう可能性がありますので、今回は統計的な数値を出してみました。統計の対象としては、「みんなの感想」に投稿された2100番目までの感想を対象にしました。具体的には、2008/09/29 13:20に書きこまれた感想から、2009/02/07 07:23 に書きこまれた感想までが対象です。まず、2100番目までに対応するページから、(1)感想を書きこんだ人のID、(2)投稿した時間、(3)ドラマに対する評価 を抜き出してリストにしました。そして、このデータに対して簡単な解析をしました。その結果を以下に示します。

【感想の投降数と平均評価値】
まずは、投降数と平均評価値の推移について述べます。投降数は、今年になって急に増えました。去年の12月の投稿が203件であったものが、一月には990件に急増しています。一日の投降数が100件を初めて超えたのは1/31日であり、115件でした。これ以前も調べてみますと、1/23には59件であった投降数が、1/24には90件に急増しています。各月における評価の平均値については、10月においては4.49 であったものが12月には2.88に減少し、平均的な評価である「3」を下回りました。それ以降も減少する傾向にあります。

期間 投降数 一日の平均投降数 平均評価値
2008/09(9/29の昼から) 3 1.5 -
2008/10 171 5.5 4.49
2008/11 130 4.3 3.65
2008/12 203 6.5 2.88
2009/01 990 31.9 2.78
2009/02(2009/02/07朝まで) 603 95.3 2.48
合計 2100 15.9 2.90

【常連さん、そして、ゆるぎない評価をされている方々】
今回、統計を取って気がついたのは、何回も感想を投降されている常連さんが多いことです。感想の件数が2100件なのに対して、投稿しているIDの数は714です。一人がIDを持っていると仮定すると、一人当たりの平均投降数は約3回です。一回のみ投稿している方は342人でしたから、半数強の方が複数回投稿していることになります。この内、10回以上投稿されている方は37人いらっしゃり、最も多く投稿されている方は37回投稿されています。各々の方に対して評価値の推移を調べてみると、常に同じ評価を与えている方がいることがわかりました。全体の約半数である19人を占めています。
評価値が推移している人について、投降数が10回未満の人も含めて、評価値が減少している傾向の方が多いか、増加して傾向の方が多いを調べてみました。結果としては減少する傾向の人の方が多いという印象を受けました。
10回以上投稿されている方の中で、ゆるぎない評価値を与えている19人においては、常に「1」の評価の人が10人、常に「5」の評価の人が9人でした。この19人の総投降数は328件、平均評価値は3.07です。常に「5」である方に比べて、常に「1」である方が一人少ないのにもかかわらず、平均評価値が3以上であるのは、常に「1」の評価をしている人の投降数の平均が、常に「5」の評価をしている人の投降数の平均より多いことを反映しています。

【まとめ、考察など】
今回、Yahoo!テレビの「みんなの感想」の例として、「だんだん」の「みんなの感想」の結果の調査、評価をしました。その結果、投降者数が今年になり急増し、それに伴い、評価値の平均が減少している傾向であることが分かりました。また、20回以上感想を投稿している人が37人いらっしゃり、約半数の方が常に同じ評価値を与えていることが分かりました。評価値が「1」に固定されていたり、「5」に固定されていることに作為的なことを感じれる方がいるかもしれませんが、「みんなの感想」の規定に反しているわけではないように推測します。
私としては、「みんなの評価」の値だけに頼らずに、信頼できるものと判断できる感想を参考することが有効であると思います。例えは、「普通に楽しめている」と書きながら評価値を「5」や「1」にしている感想は信頼性が薄いと判断するのが妥当ではないかと考えます。
幾つかの感想を読むことにより自分として妥当な評価を得るというのが煩雑な方は、各々の感想が受け取っている評の数を参考にすることが有用であると思います。「みんなの感想」には、感想が受け取っている票の数の順に感想をソートする機能があります。票の数が1位のものから10位の感想は以下のところで観ることができます。

票数が十位以内の感想の内で、9件の感想において評価値が「1」であるのに対して、評価値が「5」である感想は1件しかありませんでした。この情報に従って判断するならば、「みんなの感想」の閲覧者の間では、「だんだん」の評価は高くないと推測されます。