はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「ゴールデンスランバー」(伊坂幸太郎)は、“たいへんよくできました”小説でした

伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」を読みました。正に、“たいへんよくできました”小説であり、おもしろいです。首相の暗殺犯にしたてられた主人公が警察の手から逃れられるかについて描いた小説なので、どこに面白みがあるかと読み始めは思ったのですが、話が進むにつれて惹かれていきました。

まずは、新潮社のページからのあらすじを転載します。

仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲した。どうやら、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられているようだ。この巨大な陰謀から、果たして逃げ切ることはできるのか? 

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』|新潮社

通常、主人公の青柳雅春のような状況に追い込まれた人は逃れられないのですが、何人か彼に力を貸す人が現れます。その一人は、彼の学生時代の元カノであった樋口晴子です。彼女は学生時代に青柳雅春と同じサークルに属しており、サークルの他のメンバーもこの一件にかかわってきます。始めは、青柳雅春にとって厳しい状況を描く小説なのに、青柳雅春や樋口晴子を通して学生時代のエピソードがキラキラした形*1で語られていくことには何でなのだろうと思いました。しかし、これらのエピソードにちりばめられていた事柄が、樋口晴子に青柳雅春を犯人でないことを確信させ、青柳雅春を救うために役に立つことが分かっていきます。そして、何よりもすごいと思うのは、樋口晴子が、青柳雅春とは一度もあったり、話したりすることなく青柳雅春を助けることに寄与することです。
樋口雅晴の他の魅力的な登場人物は、まず、ある事件の犯人である三浦(キルオ)や、裏の世界に通じていると自称している保土ヶ谷康志がいます。以前は青柳雅春とはかかわりがなかったこの二人を含む人達が、犯人として追われている青柳雅春を助けて行く様は面白いです。彼らは、出会った青柳雅春が犯人とされていることを知ると、青柳雅春が不利な状況に追い込まれていること、そして、彼を助けることが面白いという理由で彼に力を貸します。この他に、青柳雅春の昔の同僚であり、ロックであることが好きな岩崎、痴漢が嫌いな“雅春の父”も魅力的です。そして、最後には樋口晴子からのメッセンジャーの役を果たす樋口晴子の娘・七美も面白いです。

この小説の優れた所は、小説の構成にもあります。

  • 第一部 事件のはじまり
  • 第二部 事件の視聴者
  • 第三部 事件から二十年後
  • 第四部 事件
  • 第五部 事件から三ヶ月後

この小説のメインは第四部であり、小説の8割を占めているのですが、第四部で青柳雅春が登場する前に第一部から第三部を置いたところがこの小説の優れた所だと思います。第二部においては、この事件についての警察の発表とメディアの報道に対する一般的な人達の捉え方が、病院に入院している田中徹の視点で描かれます。青柳雅春を助けることになる保土ヶ谷も同じ病院の入院患者として何気なくここで登場します。そして、第三部において、この事件に対する二十年の見解が示された後に、第四部において、この事件の実際が青柳雅春と樋口晴子の視点において描かれていきます。読者には、警察の発表がねつ造であり、メディアの報道が青柳雅春が犯人であるという見解に基づいて編集、脚色されたものであることが分かっていく仕組みになっています。

さて、この小説で困ったことと言えば、この作品は、素晴らしい作品ですけど、単行本であることです。今まで、伊坂幸太郎さんの本は文庫本しか買ったいなかったのですが、こんな魅力的な作品を読んだならば、単行本でしか発売されていない他の作品も読みたくなるではありませんか...。

*1:エピソード自体はキラキラしてはいないのですが、描き方はキラキラしています