はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「銭ゲバ」 第6話 『逮捕…金が招いた不幸ズラ』

三國造船の社長に就任した風太郎(松山ケンイチ)は、会社のイメージアップ戦略を行い、社員の好感を得ます。しかし、刑事・萩野(宮川大輔)は風太郎を逮捕することを諦めず、風太郎に揺さぶりをかけます。風太郎は、萩野の妻が心臓病で入院していることを知り、大金を積んで捜査を辞めさせるように誘導しようとしますが、荻野は断ります。そして、荻野の妻は病院の階段から、風太郎に似た何者かにより突き落とされます。
緑(ミムラ)は、父・譲次(山本圭)の死により生きる意欲をなくし、食事も自分では取れない状態に陥っているようでした。ある日、緑との苦い思い出の菓子であるマカロンを塔のようにしたものが三國家に届きます。マカロンの塔を前に、風太郎は緑に独白を始めます。しかし、床に落ちたマカロンを緑に食べさせようとすると緑が覚醒します。実は、緑は父親が風太郎に殺されたと確信し、自分の身を守り、風太郎の本音を知るために正気を失ったように演じていたのでした。風太郎に厳しい言葉を浴びせる緑。風太郎は驚き、なすすべもありません。その時、刑事の萩野達が三國家へ風太郎を逮捕しにやってきます。容疑は萩野の妻へ対する障害罪でした。
パトカーで連行される途中、風太郎は、母・桃子に似たホームレスの寛子が死んだことを知ります。風太郎は良かれと思い寛子に大金を渡したのですが、それが仇となって殺されたようです。「何でだよ、何でなんだよ。金が一番じゃないのかよ。金で幸せになれないのかよ」と絶叫する風太郎でした。


今回の見どころは、緑の風太郎への反撃のシーンです。キツイ言葉が風太郎に長い間浴びせられます。2chの「【土9】銭ゲバ・30円【松山ケンイチ】」というスレッドにおいて、221さんが書かれたもの一部を以下に引用します。

か、か、可哀相…
哀れな人ねぇ。どう?お金持ちになった気分は
どうして良いか分からないんでしょ?お金の使い方もしらないのよねぇ
何に使った?言ってごらん?言ってごらん!!

驚いて声も出ない訳?あなたも騙しやすかったわよ。とても
父が死んだ時、私は確信した。全部あなたがやったって。だから、自分の身を守るために頭がおかしくなった振りをしたの!
殺す意味が無くなるようにね。それに、本当の事も知りたかったの。
(中略)
お金に勝ったつもりでいるの?風太郎君。あなたはお金に負けてるのよ
お金の為に人生使って、結局負けてるのよ!
(後略)

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1235223881/

急に金持ちになった風太郎がお金の使い方がわからないというは緑の言う通りです。「お金の為に人生使って、結局負けてるのよ!」というのも、緑が意味していることとは少し違いますがその通りだと思います。単に金持ちになるだけならば茜と結婚して、社長の後継者となったところで満足するべきであったのでしょうが、そこからさらに突き進んでしまうのが、私としては「お金の為に人生使って、結局負けてるのよ!」ということだと私は思います。

緑が正気を失っていると思って、本音を話してしまうというところは、風太郎ちゃんは相変わらず脇が甘いです。緑は生きる意欲を失っているとしても、自分が言っていることは理解していると認識するのが妥当だと思います。また、風太郎の味方であろうとする茜(木南晴夏)にキツク当たるところは悪人としては頭が悪いですね。荻野の妻を病院の階段から突き落としたのが風太郎ならば、彼の戦略ミスだと思います。

来週はどういう展開になるかは興味深いです。荻野の妻を病院の階段から突き落としたのは風太郎でないように私は思っているのですが、番組のホームページにおける来週(第7話)のあらすじを読むとそうではないようにも受けとめられます。いずれにせよ、私としては茜ができるだけ長く登場するような筋書きであってほしいです。

来週の話も興味深いのですが、もっと興味深いのはこのドラマが最終回においてドラマとして上手くまとまるかということです。脚本を書かれている岡田惠和さんのドラマは、最初は良いのですが、それが必ずしも最後まで続かないという印象を持ってます。朝ドラ「ちゅらさん」(2001.4-9)は始めから5か月目までは素晴らしかったのです。しかし、最後の一か月は主人公である恵理(国中涼子)の息子を心の病気にしてしまい、何だかわからない展開になりました。「あいのうた」(2005.10-12日本テレビ)においては、出だしは良かったもの、主人公(菅野美穂)の好きになる優二(玉置浩二)が余命半年であったので、ドラマをどのようにまとめるのかと不安に思っていました。そして、予想通り、あまり面白みのない終わり方でした。
ネットの情報によると、「銭ゲバ」の原作においては風太郎は最後まで悪人のままであり、それにふさわしい結末であったようです。ドラマにおける風太郎は澄みきった悪人ではないので、ドラマはそれなりの救いのある結末になるのかと思います。しかし、今のままでは「それなりの救いのある結末」になりそうもないように思います。でも、期待することにしようと思います。