はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「Q.E.D.〜証明終了」に関するOrzなニュースと、名誉なニュース

NHKで放送されている連続ドラマ「Q.E.D.〜証明終了」について、2/28、3/1にニュースが報道されました。2/28のものはOrzなニュースであり、3/1のものは名誉なニュースです。

まずは、Orzなニュースから紹介します。下に引用したのは朝日新聞の記事ですが、大手メディア(朝日、読売、毎日、産経)はどこもこの件を報道しました。

『「静電気がペースメーカー破壊」NHKドラマ誤認、謝罪』
2009年2月28日15時0分
 NHK総合テレビで放映中の推理ドラマ「Q.E.D. 証明終了」に、心臓ペースメーカーの安全性について誤解を招く場面があったとして、NHKは患者らに謝罪する文章を番組のホームページに掲載した。
 問題にされたのは1月15日放映の第2回「銀の瞳」。植え込み型心臓ペースメーカーが静電気によって壊れ、装着していた人が死亡する場面が描かれた。番組を見た心臓外科医から、ペースメーカーを扱う業者らでつくる日本医用機器工業会ペースメーカ協議会側に指摘があり、協議会が録画した番組を検証した。
 その結果、(1)静電気による放電は電気量が少なく瞬間的で、植え込まれたペースメーカーに電流が流れることはない(2)ペースメーカーはチタン製ケースで覆われており、静電気が電子回路を破壊することはない、と判断した。さらに、電波を出す機器がペースメーカーに影響を与える場合はあるが、突然患者が亡くなるような事故は国内で例がないと確認した。
 協議会は「患者に不安を与え、一般視聴者にも誤った知識を植え付けた」として、NHKに訂正放送を求めた。
 NHKは27日、番組のチーフプロデューサー名で「改めて検証したところ、ペースメーカーの静電気放電に対する安全性や耐久性は極めて高いことが分かりました」「ペースメーカーを使用されている方、ご家族、関係者に無用の心配をおかけすることになったことをおわびします」との文章を掲載した。
 日本心臓ペースメーカー友の会の日高進副会長は「ペースメーカーを装着している人は誤作動の問題に敏感で、不安を感じる人も多い。慎重な番組作りを」と話す。(和田公一)

http://www.asahi.com/national/update/0228/TKY200902280093.html

ドラマで描いた方法で殺人が行えるかについて調べなかったドラマの制作側をOrzみなすのか、協会に指摘した心臓外科医をOrzとみなすのか、ドラマの世界で描かれたことが現実世界と異なってはいけないとする協会側をOrzとみなすのか、謝罪したNHKがOrzとみなすのか、どう考えるかは人によるのかと思います。心臓外科医も、日本医用機器工業会ペースメーカ協議会も、NHKも各々は妥当なことをしたのかなぁと思います。となると、問題は、ドラマで描いた方法で殺人が行えるかについて調べなかったドラマの制作側に問題があるということになるのですけれど、実際に殺人が行えたとしたらば、そんなことをドラマとして描いていいのかという気もするので、何か釈然としないものがあります。なお、第2話「銀の瞳」は、脚本家の創作ではなく、原作を基にしたものです。

次に、Bogus Newsが報道したニュースです。上記ニュースの1日後にこのニュースを報道できるとは、さすがです。
なお、Bogus Newsは、虚構新聞と並び定評がある新聞であり、この二紙に報道されることは名誉なことだとされています(本当か?)。

NHKは、総合テレビで放送中の連続ドラマで「誤解を招く描写があった」として、関係者に向けた謝罪文をホームページに掲載した。これまでもあまたの不祥事を起こしてきたNHK。フィクションとはいえ、無責任に誤った情報を垂れ流し世間に混乱を招いたことで、改めてマスメディアの矜持が問われることになりそうだ。
問題になったのは1月から放映中の学園推理ドラマ「Q.E.D. 証明終了」。高校生にしてMIT出身の数学者である主人公が、次々に起こる難事件を解決してゆく…という筋書きだ。しかし、劇中で「主人公がアイドルみたいにかわいいおてんば娘とちょっとイイ感じになる」
という描写があったことから、現実の数学者から「事実と異なる」とクレームが殺到していた。
匿名希望の数学者は「“数学をやっているとモテる”という誤った印象を与えかねない。事実は逆で、わたしなど学部時代から女性とまったく会話したことがない」と憤る。現在進路を決めあぐねている若者には「“数学は美しい”とかぶつぶつ言ってると確実に人生棒に振る」と、慙愧の涙を流しつつ数学を専攻しないよう強く警告していた。
NHKでは「抗議を真摯に受け止めドラマの登場人物設定を変更する」方針。これにより同番組は次週から「EOF 送信終了」と改題。三十路にして毎日欠かさずblogを更新する魔法使いの中年が、世の中の大多数の人にとってはどうでもいいネタでネチネチと他人を攻撃し続けるサイコホラーに模様替えする予定だ。

「数学やるとモテる」?! NHKがドラマで誤解招く描写を謝罪 - bogusnews

【Bogus Newsの関連記事】

【Orzなニュースについてのその他の報道】