はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

映画「ハッピーフライト」を観ました。

フジテレビで放送された映画「ハッピーフライト」(矢口史靖監督)を観ました。面白かったです。

私は、この映画は、客室乗務員を演じる綾瀬はるかさんが主演の映画だと思っていたので、最初の登場人物が、副操縦士である鈴木和博(田辺誠一)であることに驚きました。映画を見て行くと、パイロット、客室乗務員の他の職種も含む飛行機を飛ばすことに関わる人を描く映画だということがわかってきました。綾瀬はるかさんが演じる斎藤悦子は、客室乗務員の中では主役という位置づけでした。

映画は、羽田発ホノルル行きの1980便に関わる人を描いています。主役は、この便での操縦が、機長への昇進試験の対象になっている鈴木和博です。この機長であり、彼を審査する運航部門指導教官は、温厚であり、試験を通しやすいという定評がある望月(小日向文)となっていたので、鈴木は安心していました。しかし、望月が風邪をひき、厳格である原田(時任三郎)となってしま若干ビビります。田辺誠一さんが演じる鈴木は、多くの作品で田辺誠一さんが演じるような役でなく、“へたれ”です。この意外な配役が、この映画の面白いところです。

この便で客室乗務員を務める斎藤悦子は、国際便で仕事をするのは初めてです。通常の作品であれば、悦子の設定はドジで間抜けなのですが、この映画の設定では、国際便は初めてであり戸惑いや失敗もあるけれど、ごく普通の能力を持った客室乗務員です。この設定を、私は好ましく思いました。

そして、この映画の素晴らしい所は、グランドスタッフも描くことです。主に描かれるのは、中堅になりつつある木村菜採(田畑智子)と、後輩の吉田美樹(平岩紙)です。木村菜採は仕事は無難にこなすのですが、ある種の限界を感じ退職を検討しています。これに対して、吉田美樹はおっとりとして、少し仕事に抜けが生じてしまうことがあります。平岩紙さんが、これほどいい役をやるなんて、感動ものです。

この他に、オペレーションコントロールセンターのスタッフ、整備士、管制官なども、きちんと描かれるのですが、仕事の内容が私はあまりわからないので、ほぼ省略させていただきます。なお、オペレーションコントロールセンターのトップである高橋(岸部一徳)は、コンピュータなどの最近の技術には疎い人物として描かれています。

乗客にも、修学旅行の学生を含め、様々な面々がいるのですが、省略させていただきます。

で、人物紹介に、だいぶ行数をつかってしまいましたが....、
話の方は、簡単に言うと、1980便に途中でトラブルが発生して、羽田に戻ってくるというものです。台風のために東京地方は天候が悪く、しかも、機長がアクシデントによる怪我で操縦ができないので、鈴木には激しい試練に直面します。しかし、鈴木は羽田への着陸を見事にやり遂げ、その際に、原田が優秀な指導者であることも分かってきます。鈴木を含む機上の人と、高橋を筆頭とする空港のスタッフの、緊急時における活躍が見ものです。
国際線の搭乗が初めてであった斎藤悦子は不慣れなのでミスもあったですが、食べ物が好きなことが幸いして意外な活躍をします。グランドスタッフの木村菜採は役に立ったかどうかは別にして頑張ります。吉田美樹は、存在するだけで、この映画を面白くする要素となっています。


この映画のいい所は、娯楽作であると共に、飛行機を飛ばすために働いている人たちの仕事の知ることができることです。吉田美樹(平岩紙)に憧れて、グランドスタッフの志望者が増えるかもしれません(本当か??)。