はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「特上カバチ!!」第3話についての極めていい加減な覚書

特上カバチ!!」に関しては、第2話までを観た時点で、観るのをやめることにしていましたが、第3話のゲストの一人として木南晴夏さんが出ることが分かったので、この回は観ることにしました。

ドラマの主人公は、大野行政書士事務所で働く行政書士補助者である田村勝弘(櫻井翔)です。行政書士補助者というのは、行政書士を目指しているが、試験が通っていないということだと思います。事務所には他に、所長の大野勇(中村雅俊)、行政書士の重森寛治(遠藤憲一)と、行政書士補助者の栄田千春(高橋克実)がいます。なお、原作は、青木雄二監修、田島隆原作、東風孝広作画のコミックです。このメンバーは、ドラマ化された「カバチタレ!」と同じようです。
第3話からは、第1,2話で、田村勝弘と対戦?して敗れた住吉美寿々(堀北真希)が行政書士として事務所のメンバーになりました。美寿々は、高校卒業と同時に行政書士の資格を取り、案件をビジネスとしてこなす、やり手の行政書士です。そして、年上でも行政書士補助者である田村を呼び捨てにするなど性格は良くありません。田村は美寿々とは反対に情に厚いというか、熱い設定です。今後、二人はコンビを組むようになるようです。

今回のドラマの舞台は、ナイトー事務機器という会社です。この会社では、現在、大手銀行から出向してきた取締役・黒川隆 (神保悟志)により、派遣社員の首切りが多発しているようです。そして、今回のリストラ?の対象者は 枯草 (石黒賢) と、岡本桂 (木南晴夏)です。なお、岡本桂は美寿々の友達という設定です。

第3話はいい加減に言うと以下の通りです。

  • 枯草、岡本桂の契約の問題で、大野行政書士事務所が枯草と岡本桂のサイドに立ち、ライバルの検備沢法律事務所がナイトー事務機器のサイドに立ちます。美寿々がカバチ(広島の言葉で「屁理屈」のことらしい)を使って攻め込みます。しかし、検備沢法律事務所の検備沢京子(浅野ゆうこ)の、「それは、行政書士の職務を越えている」という言葉で撤退をせざるを得なくなります。
  • 翌日?、諦めない美寿々が栄田と田村をナイトー事務機器の受付に残し、単独行動で会議室に潜入し、行政書士の立場では使うことができないカバチをかまし、勝利を得ようとします。しかし、通報により登場した検備沢京子と、栄田と田村が対戦現場に到着します。これにより、美寿々はカバチを使えなくなり、万事休すとなったように思われました。
  • しかし、田村が熱弁をふるい、これに感銘したナイトー事務機器の社員が、大手銀行からの出向の取締役・黒川隆以外は、田村のサイドにつくことになります。これにより、枯草と岡本桂の契約の件は上手くいきます。

で、感想と言えば、ナイトー事務機器の水色を基調とした制服は、木南晴夏さんに似合っていたということくらいです。なお、木南晴夏さんのドラマにおける演技を観るのは、「銭ゲバ」以来です。木南晴夏さんについては、「銭ゲバ」(2009.1-3)の三國茜の役とか、映画「20世紀少年...」の小泉響子役のような個性の強い役を演じる人だと思っている方がいらっしゃると思いますが、今回のような普通の役を演じるのも上手いです。

今回の話に関しては、クライアント?が、枯草と岡本桂の二人となったので、焦点がぼけたという感じがしました。ドラマ全体では、堀北真希さんが美寿々の役がフィットしていない感じがしました。それから、このドラマで沢山出てくる法律に関することに私は詳しくはなく、興味が持てないということでしょうか?

ってことで、このドラマを観ないという結論は、第3回を観ても変わりません。