はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「命がけで歌え フィリピンで多発する「マイ・ウェイ」殺人」という新聞記事に関して

「命がけで歌え フィリピンで多発する「マイ・ウェイ」殺人」
                       産経新聞(2010.2.8 14:00)
 8日付の国際紙、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは、フィリピン国内で、フランク・シナトラが歌って世界的に有名になったマイ・ウェイをカラオケで熱唱したのに伴ういさかいから殺人事件が多発している、と報じた。こうした事件は「マイ・ウェイ殺人」と呼ばれるまでになっており、このため、多くのカラオケ店がマイ・ウェイを選曲リストから外すようにしているという。
 フィリピン国内発の同紙報道によると、マイ・ウェイを調子っぱずれで歌った客を他の客たちが野次ったり茶化したりして、銃撃などに発展するというのが事件のパターンだという。

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100208/asi1002081401000-n1.htm

殺人事件が一度起きただけでなく、多発しているのですか...。ガセネタかもしれないと思って調べたらば、元記事がありました。本当のようです。

私は最近はカラオケに行きませんのでわかりませんが、もし以前と同じならば、「マイ・ウェイ」はカラオケにおいて特別な歌です。できるならば、歌わない方が好ましいとみなされているのではないかと思います。どんな歌でも、下手な人が大声で歌うと、困ってしまうとは思います。でも、「マイ・ウェイ」は、私にとしては、普通に上手い人くらいならば、大きい声で歌って欲しくない歌です。それに、本当に上手い人は、そんなに声を張り上げて歌いません。
マイ・ウェイ」が特別扱いされるのは、歌詞の内容からきているのですが、日本語の歌詞にはさほどの問題は感じません。でも、英語の「My Way」は傲慢に感じる人が少なくないと思います。元記事では、以下のように書いています。

“ ‘I did it my way’ ― it’s so arrogant,” Mr. Albarracin said. “The lyrics evoke feelings of pride and arrogance in the singer, as if you’re somebody when you’re really nobody. It covers up your failures. That’s why it leads to fights.”

http://www.nytimes.com/2010/02/07/world/asia/07karaoke.html

「My way」の英語の歌詞を以下に示します。上手く歌っても、人によってはいがななものかと感じる可能性があると思います。ましてや、下手な人が大声で歌ったらば、友好的でない人がいる場では、事件が起きてもおかしくはないかもしれません。でも、殺人が、しかも「多発」するのはフィリピンのお国柄?でしょうか。

And now, the end is near. And so I face the final curtain.
My friend, I'll make it clear. I'll state my case, of which I'm certain.
I've lived a life that's full. I've traveled each and every highway.
And more, much more than this, I did it my way.
-
Regrets, I've had a few. But then again, too few to mention.
I did what I had to do. And saw it through without exemption.
I planned each charted course. Each careful step along the byway.
And more, much more than this, I did it my way.