はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

テレビ朝日のカーリング中継(ドイツ戦)への不安

明日の2/22には、バンクーバーオリンピックカーリング(女子)の試合中継が2つあります。1試合目のロシア戦(日本時間2:00から)はNHK、2試合目のドイツ戦(日本時間12:00から)はテレビ朝日による放送です。不安なのはテレビ朝日による放送です。

2月22日(月)11:40〜15:00
バンクーバー2010 カーリング女子日本×ドイツ」

絶対に負けられないメダルへ獲得への大一番!!冷静な頭脳戦で№1ストーンを!!トリノ五輪7位のリベンジなるか▽会心な勝利…イギリス戦の勢いを!!▽本橋麻里近江谷杏菜ほか

トリノ五輪7位と旋風を起こした『クリスタルJAPAN』、2大会連続の入賞、さらにはトリノ五輪超えのメダル獲得を狙う!「マリリン」こと本橋麻里トリノから4年間に密着!急成長中の近江谷杏菜長野五輪出場の父親と親子2代での世界挑戦!
カーリングは、ストーンと呼ばれる円形の石を氷上約40m先の的(ハウス)に向かって、相手チームと交互に投げあい得点を競う競技。その戦略性の駆け引きが見もので、「氷上のチェス」とも称される。リード、セカンド、サード、スキップの4人でチームが構成。1人が2投、1チーム計8個のストーンを相手チームと1投ずつ交互に投げ合い、1エンド(回)が終了ごとに得点を数える。1試合で10エンド行い、勝敗を決める。

出演 メインキャスター:松岡修造 進行:武内絵美

http://tv.yahoo.co.jp/program/219546/?date=20100222&stime=1140&ch=8228

「絶対に負けられない」というサッカーに使っていたフレーズを、フィギュアスケートに使っていたテレビ朝日が、今度はカーリングに使って中継をします。
テレビ朝日的な「絶対に負けられない」という概念は、カーリング精神カーリングの根本的な考え方)に抵触するような気がします。観戦の際には、両方のチームの健闘を祈りながら試合を観るのが基本的な姿勢のように思います。
少なくても、カーリングは、相手の攻撃を反則覚悟で停めるとか、PKをもらうために演技することが行われるサッカーとは、異なった価値観のスポーツです。サッカーでは、日本代表にはマリーシア(ずるがしこさ)がないと言われていますが、そんなものはあってはならないのがカーリングです。

Wikipedia にある「カーリング精神」の説明は以下の通りです。

カーリングは、技量と同じくらい、しきたりを重んじるスポーツである。うまくいったショットはひとつの喜びだが、カーリングの伝統あるしきたりが真に生きているゲームを目の当たりにすることは、それに勝るとも劣らないくらい素晴らしいことである。カーラーは勝つためにプレイするのであって、負かすためにプレイするのではない。真のカーラーは、不正をして勝つくらいなら負けることを選ぶだろう。
良きカーラーは対戦相手の気を散らしたりしない。またそういう行為によって、ベストを尽くそうとしている相手を邪魔したりはしない。
いやしくもカーラーたる者は、故意にルールを破ったり、しきたりを辱めたりはしない。しかし、もし偶然そうしてしまい、それに気づいたならば、誰に言われるまでもなく、自ら違反を申し出るものである。
ゲームというものは、プレイヤーそれぞれの技量を明らかにするためにある。しかし同時にゲームの精神について言えば、善きスポーツマンシップ、思いやりある態度、そして誇り高い振る舞いが求められている。この精神は、ルールの解釈や適用のしかたに生かすべきであるのみならず、アイスの上にあるとなきとにかかわりなく、すべての参加者が行いの鑑とすべきものである。

カーリング精神 - Wikipedia

トリノ五輪7位のリベンジ」って書いてありますが、トリノ五輪の7位は十分頑張ったと私は思っています。そもそも「リベンジ」というのがカーリングにはそぐわない言葉のように感じます。

テレビ朝日とTBSについては14日の非公開練習でカメラを回していたことにより、15日の公開練習の取材を断られたようです(ただし、ソースは東京スポーツ)。テレビ朝日のドイツ戦の中継によって試合が悪影響がないことを望みます。


あと、カーリングのディープなファンは、全試合で十分に力を発揮できればOK..という感じで、多くのことは望んでないのではないでしょうかね。過去の成績とか知っていますから..。私としては、総当たりの予選を5勝4敗で終えて、準決勝進出を決めるタイブレークに出れれば十分だと思っています。