はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

飛鳥山公園(東京都北区王子)と大宮公園(さいたま市)で桜を観て、氷川神社に至る

今日の土曜日(4/3)は、王子駅(東京都北区)の近くの飛鳥山公園と、さいたま市大宮公園で桜を観ました。
出かけるのが明日ならば、権現堂堤(埼玉県幸手市)に桜を行くはずたったのですが、日程が繰り上がって今日になったので、まだ見ごろでない権現堂堤の代わりに大宮公園に行ったのでした。結果的に、氷川神社にも行けたのですから、ラッキーだったと言えます。ちなみに、出かける前に見た幸手市観光協会の開花情報によると、今日(2010年4月3日)の時点では、権現堂堤は3分咲きとなっていました。


まず、飛鳥山公園です。最寄り駅の王子駅に1時少し過ぎに着いたところ、大混雑でした。飛鳥山公園に登る階段(登る人が7割、下る人が3割くらい)も、大渋滞でした。飛鳥山公園は、沢山の桜が満開になっており、綺麗でした。でも、通路以外は、花見客のシートが隙間なく敷き広げられており、「夏の湘南海岸」状態でした。都内の桜の名所で、人を観るのではなく、桜を観るのならば朝の早いうちに行くのがいいですね。で、私には車窓から観る飛鳥山公園で十分だと判断して、さっさと、大宮公園に移動することにしました。

ネットで調べたところ、大宮公園の最寄り駅は、東武野田線大宮公園駅でした。大宮駅から2駅目です。王子駅から大宮駅までは京浜東北線に乗ったのですが、沿線の桜が綺麗でした。一番良かったのは、東京都北区と、埼玉県川口市の間を流れる荒川沿いの桜でした。

大宮公園駅に降りて驚いたのは、花見客と思われる人があまりいなかったことです(これについては、後で理由がわかりました。)。大宮公園内にある競輪場への案内の看板はあったのですが、花見客に対応するような看板はありませんでした。それでも、花見客らしき人が歩く方向に進むと、大宮公園の桜が沢山ある場所にたどり着くことができました。

大きな池のそばに、満開の桜が沢山ありました。賑わいを感じるのに妥当なくらいの多くの花見客がいましたが、飛鳥山公園ほどではありません。気に入った桜があれば、腰をおろして観ることができることができます。また、人が多すぎて疲れることもありません。近くならば、花見の季節には毎日、寄ってみたくなるような公園です。

で、桜を十分に堪能した後に帰ろうとしたのですが、公園の中を歩き回ったので、どこから来たのか分からなくなりました。道をお巡りさんに聞いている人を見つけ、何気なく会話を聞いていると、氷川神社という言葉をキャッチしました。どこかで聞いたことがある名前だったので、場所を聞いて行って観ることにしました。

氷川神社に着いて、説明の看板を観ると武蔵の国の一宮であることが説明されていました。もしかして、大宮という地名は、氷川神社が武蔵の国の一宮であることから来ているのかと思い、帰宅してから調べると、正解でした。そもそも、大宮公園というのは、氷川神社の敷地に明治時代にできたもののようです。

さて、氷川神社に行くことにより、知見を得ることになったのはいいのですが、最寄り駅への行き方が分かりません。また、案内図もありません。しかたがないので、とりあえず人の流れに沿って歩いてみることにしました。すると、何やらそれらしき道に至り、道の両側には大宮アルディージャのフラッグが飾られていました。
道を進んでいくと、この道が「一宮通り」ということを示す標識がありました。このことにより、地元の人は大宮駅から「一宮通り」を通り、氷川神社大宮公園に行くことを理解することができました。だから、大宮公園駅から大宮公園に行く人が少なかったのですね。

ってことで、色々と勉強になった一日でした。