はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

新青森までの新型新幹線の愛称は「はやぶさ」に決まり、「はつね」は「あかつき」で金星へ。

新青森まで行くことになる新型の新幹線の愛称が、「はつかり」でも、「はつね」でもなく、「はやぶさ」に決まりました。

東北新幹線:八戸−新青森、12月4日開業 E5系の列車名「はやぶさ」に」
             (毎日新聞 2010年5月12日 東京朝刊)
 JR東日本は11日、東北新幹線八戸−新青森間(81・8キロ)を12月4日に開業し、11年3月に導入する次世代新幹線「E5系」の列車名を「はやぶさ」に決定したと発表した。
(中略)
公募した列車名の応募総数は15万372件。社内選考の結果、3129票で7位だった「はやぶさ」が「スピード感にピッタリで親しみやすい」と採用された。応募1位は「はつかり」(8948票)▽2位「はつね」(7184票)▽3位「みちのく」(5904票)だった。
(後略)

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100512ddm012040055000c.html

私は、公募で第1位だった「はつかり」にした方がよかったと思いました。
おそらく、公募をする前から、「はやぶさ」に決まっていて、公募はプロモーションを兼ねた「できレース」だったのでしょうね。まぁ、私は、東北関係者でも、鉄っちゃん/鉄子でもありませんから、これらの人たちが納得すればかまわないと思ってはいます。

で、第2位となっている「はつね」ですが、今まで鉄道関係で使い古された名前でないために新規性を感じるので、私は悪くないと思っていました。意味としても爽やかでいいと思いました。鉄ちゃんとしては、ボーカロイド初音ミクを連想させる「はつね」に、新幹線の名前がなったらば、うれしくなかったかもしれませんが...。

はつね 【初音】
鳥の、その季節に初めて鳴く声。特に、鶯(うぐいす)についていう。[季]春。《この里の通りすがりの―かな/山口青邨

とうまるかご【唐丸籠】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

東北新幹線・新型車両の愛称募集、「はつね」は2位だった」
        ITmedia News(2010年05月11日 19時03分 更新)
JR東日本は5月11日、2011年3月から営業運転する東北新幹線の新型車両「E5系」の愛称を「はやぶさ」に決めたと発表した。愛称を公募した際、「新車両のカラーリングが初音ミクに似ている」とネット上で応募を呼び掛ける動きがあった「はつね」は、応募数で第2位だったという。

(中略)

 「はやぶさ」は6月に地球に帰ってくる小惑星探査機の名前でもある。そして金星探査機「あかつき」には初音ミクのパネルが搭載され、5月18日に打ち上げられる予定。

東北新幹線・新型車両の愛称募集、「はつね」は2位だった - ITmedia ニュース

ITmedia News の最後は、「はつかり」つながりで上手くまとめています。私は知らなかったのですが、JAXA宇宙航空研究開発機構)の金星探査機「あかつき」に初音ミクの絵のパネルを載せるためのプロジェクトが行われ、一万以上の署名が集まったとのことです。

このプロジェクトに一万以上の署名が集まったのに対して、新型新幹線の愛称を「はつね」にする応募が7184票にとどまったのは、鉄ちゃんの気持ちを考えて自重をされた人がいたということなのかもしれませんね。


新型新幹線の愛称を「はつね」にしようとする呼びかけのために作られた動画をはっておきます。「はつねの電車」はいい歌だと思います。