はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

サッカーワールドカップの放送で違和感を感じていた女性タレント?が、NHKの謝罪の報道によりアナウンサーであることを知った件

サッカーの試合の中継を、NHK総合テレビ朝日が同時に行っているのならば、私はNHK総合の放送を観ます。テレビ朝日のスポーツ中継(サッカー、フィギュアスケート)に対する私の評価は著しく低いからです。テレビ朝日のスポーツ中継の問題点については、過去に何度か書いているので、ここでは繰り返しません。
しかし、実際には、民放が放送している時には、NHKは総合テレビでは放送をせずに、BSで放送します。私はBSは購入していませんので、テレビ朝日の放送を見ることになります。


さて、NHKのアナウンサーがワールドカップ・アフリカ大会の放送(韓国代表vsアルゼンチン代表)の中で、日本代表とオランダ代表との試合中継がBS1で行われることを告知したようです。この際に、「BS1でたっぷり放送、コマーシャルありませんからね」とアナウンサーが発言したようです。この件について、NHKが謝罪したという報道を読んだ時には、事実なんだから謝罪する必要は何じゃないかと思いました。BS1と同様にオランダ代表戦を放送するテレビ朝日の妨害をしたとは感じなかったのです。

「NHK:南アW杯で配慮欠く発言、謝罪」
                   毎日新聞( 2010年6月19日 0時04分(最終更新 6月19日 7時14分)   
 NHKは、サッカー・ワールドカップ日本戦中継を告知する際、配慮に欠いた発言があったとして18日、放送の中で謝罪した。
 NHKによると、17日の韓国−アルゼンチン戦の放送中、NHKアナウンサーが19日の日本戦の中継について告知する際「BS1でたっぷり放送、コマーシャルありませんからね」と発言したという。これについてNHKと協力して中継を担当している日本民間放送連盟から指摘があり、18日のドイツ−セルビア戦の放送後、謝罪した。NHK広報部は「改めてNHKの公共性と民間放送の商業性を互いに尊重し、協力して中継を盛り上げていきたい」と話した。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100619ddm041040127000c.html

問題発言をしたとされるアナウンサーの名前を調べると、神田愛花さんという女性アナウンサーであることがわかりました。

彼女の写真を見たときには、驚きました。今回、私が観たワールドカップ中継(NHK総合)には、日本のスタジオからの放送が組み込まれていました。その際の出演者としては、メインキャスターの男性アナウンサーと、数名の元サッカー選手の他に、メインキャスターのそばにいるタレントらしき女性がいました。私はこの女性タレント?に違和感を感じていました。
彼女の服装からして、自分のかわいさをアピールしたいという意識が透けて見えているように感じました。こんなタレント?を起用するようでは、NHKのスポーツ中継も民放と同じレベルのエンターテイメント番組となっていくんだろうなぁと思いました。また、民放でもタレントの選び方にはもう少し考えるだろうと思いました。で、そのタレントだと思っていたのが、この記事をきっかけにして、アナウンサーの神田愛花さんだと認識することができました。


神田愛花さんのこの番組への起用はともあれ、彼女はバラエティー番組向きの顔立ちに見えるので、この種の番組を強化したい(と推測される)NHKにとっては、これからプッシュしていきたい人材なのだと思います。NHKがこの方向に進み、民放に近づくことは、NHKをあまり観ない私にとってはどうでもいいことです。でも、CMから収入を得る必要がある民放にとっては、その必要がないNHKの動向は気がかりであると思います。


毎日新聞の記事にもありますように、今回、NHKが謝罪したのは、日本民間放送連盟から抗議をされたからです。で、私の認識が正しければ、日本民間放送連盟の会長である広瀬道貞さんは、2005年まではテレビ朝日の社長であり、現在は顧問のようです。このことを知っている人の中には、今回の抗議が大人気ないと思われた人もいると推測します。