はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

それなりに楽しめた「ハンマーセッション!」第1話

ハンマーセッション!」(土8、TBS)の第1話を観ました。速水もこみちさんと、志田未来さんのW主演の形になっています。速水もこみちさんが演じる音羽4号は伝説の詐欺師です。彼が働くことになる中学校の3年生・立花楓を演じるのが志田未来さんです。
音羽4号が逃走中に逃げ込んだ光学園の校長・水城賢一を演じるのは、小日向文世さんです。水城校長は、音羽4号の詐欺師としての力が、学校を建て直すことに使えるのではないかと、彼の正体を知りながら、新任するはずだった数学教師・蜂須賀悟郎として雇います。水城校長の娘で国語教師である涼子を演じるのが比嘉愛未さんです。

ドラマが始まる前は、速水もこみちさんと比嘉愛未さんの演技力を懸念していました。でも、速水もこみちさんは、「絶対彼氏 〜完全無欠の恋人ロボット〜」(2008.4-8、フジテレビ)におけるロボット役と同様に、今回の役もはまり役です。現実感のない役が似合うのかもしれませんね。女優としては美人過ぎるという印象があった比嘉愛未さんも、今回の役は似合っています。演技力がついてきたので、綺麗なところだけが目立つことがなくなったのかもしれません。
予想以上に違和感があったのは、志田未来さんの背が低いところでした。速水もこみちさんをはじめにして、他の出演者の身長が高すぎることもあるのでしょうが....。 あと、志田未来さんの責任ではないのですが、楓の江戸っ子もどきの言葉使いが美しくありません。でも、志田未来さんの演技は以前と同じように素晴らしく、美少女ぶりは順調に進んでいました。また、金髪の変装も違和感がなく、かわいかったです。

世界を股にかけてヤマを踏んできた伝説の詐欺師を乗せた護送車が、海に転落する事故が起きた。護送車に乗っていたその第一級詐欺師・音羽4号(速水もこみち)は、ヤクザの今村昌平六平直政)と共に逃亡する。
暗闇の中逃げ込んだ先で、二人は建物に放火しようとする男(村上健志)を発見。居合わせた水城(小日向文世)とともに捕まえるが、その男は"蜂須賀悟郎"という新任教師で、水城の知る男らしい…。話を聞くと、ここは進学校の光学園で、水城は光学園の校長だった。そして蜂須賀は得体の知れない生徒らに怖じ気づいて、学校を燃やそうとしていたのだった。
どうやらこの学園では、成績優秀な生徒達が、表向きは何の問題もなく見えるその裏で陰湿な事件を起こしているようで教師達もそんな生徒の心をつかめず自信喪失し、無気力になっていた。水城はこの状況をどうにかし、学園を守りたいと思っているのだった。
ところが、生徒の心をつかめない、という水城に音羽4号は「人の心なんて、意外と簡単に掴める」と笑い、あっという間に水城の心を掴んで見せる。その手法は"ハンマーセッション"と言い、心の不安や弱さを隠そうとする心の壁を壊す何かを脳天に叩き込むのだ。衝撃を受けた水城は、人の心を巧みにつかむ音羽4号に、教師として学園を立て直してくれたら警察に通報しないと取引をもちかける。
こうして"教師・蜂須賀悟郎"となった音羽4号は、問題児らに詐欺のテクニックを駆使した授業を開始することに。水城の娘で教師の涼子(比嘉愛未)が副担任となり、蜂須賀は3年B組の教師として教壇に立つ!!
最初のターゲットは、他人を襲撃する映像を携帯電話で撮影し、ネットに公開して自慢しあう遊び、「ハッピースラッピング」の常習犯である司馬(石黒英雄)。蜂須賀は、早速行動を開始する…

TBS 「ハンマーセッション!」あらすじ


ドラマでは、"蜂須賀悟郎"が、毎回、一人?の生徒を更正させるようです。今回のターゲットは、「ハッピースラッピング」の常習犯である司馬(石黒英雄)でしたが、志田未来さんが演じる楓と一緒に映ると、とても中学3年には見えないのですね(笑)。そのことはともあれ、ドラマとしては、そこそこ楽しめました。来週も観ることにします。