はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

日本テレビの記者とカメラマンが遭難した件の新聞記事を読んで、スポーツ新聞の方が信頼できると思ったこと。

埼玉県の秩父の山で、滝壺に転落した女性を救出中のヘリコプターが墜落しました。乗員の5名が死亡し、女性も亡くなりました。そして、この墜落機の現場を取材しようとした日本テレビ報道局の記者とカメラマンも遭難し、亡くなりました。ご冥福をお祈りします。
本日(8月3日)、秩父署は3日、2人の記者が発見された沢の周辺を捜索し、遺留品を数点発見したそうです。捜査はまだ続くようです。これ以上の被害者が出ないことを祈念します。


さて、昨日(8月2日)の記事にも書きましたが、昨日の時点では、二人がどの番組のために取材をしていたかを、明示的に書いていたのは、デイリースポーツの記事だけでした(google news で検索)。

今日(8月3日)の朝、再び検索をすると、報知新聞スポーツニッポンの記事に、番組名の記載がありました。スポーツニッポンの記事の該当部分を以下に添付します。

2人を案内した山岳ガイドの水野隆信さん(33)によると、2人は同局の報道番組「真相報道 バンキシャ!」(日曜後6・00)のための取材で山に向かったようだ。入山した7月31日は土曜日。水野さんは川上さんに「土曜日(31日)に行かないとまずい」とガイドを依頼されたという。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/08/03/05.html


夕方になり、この件に関する毎日新聞の記事を見て驚きました。「真相報道 バンキシャ!」という番組名を明示的に書かずに、「1日夜の日本テレビのニュース番組」とぼやかして書いています。そして、情報の詳細度も、(系列のスポーツ新聞である)スポーツニッポンよりも低いです。

一方、2人のガイドをした水野隆信さん(33)によると、2人は当初、1日夜の日本テレビのニュース番組名を挙げて「土曜(31日)に行かないと駄目だ」と話し、急いでいる様子だったという。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100803k0000m040040000c.html

推測すると、以下のようなことでしょうか?

  • 一般紙(朝日、読売、毎日、産経)には紳士協定のようなものがあるために、書ける記事に強い制約がある。
  • 系列スポーツ新聞の記事に対する制約は緩い。
  • お仲間ではないデイリースポーツの記事においては制約がない。 -> 昨日(8月2日)の時点で記事が書けた。

少なくてもこの件に関しては、「真実を知りたかったらば、スポーツ新聞を読め。できるならば、デイリースポーツを....。」ということでしょうか?