はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「日本人の知らない日本語」の第4話と、出演していた亀井絵里さん(モーニング娘。)について

日本人の知らない日本語」の第4話におけるハルコ(仲里依紗)の授業の内容は、音読み訓読みと、方言でした。そして、今回、焦点が当たった生徒は、イタリア人のアニメオタクであるルカ(セバスチァーノ・セラフィニー)でした。

ハルコは、ルカに女の子の口説き方を教えてくれと頼まれます。ルカはボーイとして務めているメイド喫茶のメイド・美貴を好きになったのですが、上手く気持ちを伝えられていませんでした。しかも、美貴にそっけなくされていると感じていました。
ルカはハルコに貰った台本の通りに美貴に告白するのですが上手くいきません。悪いことに、メイド喫茶でウエイトレスとして働いているダイアナ(オルガ・アレックス)とエレーン(カミラ)が口を出して、美貴を混乱させてしまいました。結果として、ルカは美貴にひっぱだかれてしまい、ルカはショックを受けます。しかし、美貴は、必ずしもルカのことが嫌いではないようです。
これに付随する騒動のために、ルカはメイド喫茶をやめることになり、日本学校もやめると言い出します。告白に役に立たないような日本語を習っていても仕方がないというのです。
(中略)
最終的に、ルカは自分の言葉で美貴に告白し、美貴はこれを受け入れます。美貴がルカに話し始めた言葉は、見事な?津軽弁でした。美貴は、ルカに好意をもっていたのですが、津軽弁を聞かれるのが恥ずかしかったので、ルカに素っ気無くなっていたようです。

めでたし、めでたし...ではありましたが、ドラマとしては、“ありきたり”なものでした。


さて、私には、誰がメイドの美貴を演じているのが最後までわかりませんでした。平山あやさんに似た雰囲気だったのですが、平山あやさんは美貴よりも10歳くらい年上です。
調べて見たところ、亀井絵里さん(モーニング娘。)だということがわかりました。亀井絵里さんがモーニング娘。のメンバーである?ことは知っていました。しかし、私が知っているのは、5年前のショートカットであった時の彼女だけでした。この頃のショートカットは可愛かったです。で、5年も経つとだいぶ雰囲気が変わるのですね。なお、今回の演技は、良くもなく悪くもなく..というところでした。
さて、美貴のような役を演じられる女優さんは沢山いるに、女優ではない亀井絵里さんが配されたことは不思議に感じました。そして、その謎は、8月8日に聞いたニュースにより解けました。
亀井絵里さんは、秋に行われるモーニング娘。のコンサートツアーの最終日に、モーニング娘。及びHello!Projectを卒業するそうです。今回の出演は、それに向けたプレゼントの一つなのだと解釈しました。なお、理由は、アトピー性皮膚炎を完治させるということのようです。