はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

テレ朝の伝説のドラマ枠で、正統派のドラマらしい「秘密」が始まった件

7月期に「熱海の捜査官」が放送されたテレビ朝日のドラマ枠(金11)において、10月期のドラマ「秘密」が10/15(金)に開始しました。主演は、志田未来さんと佐々木蔵之介さんです。「熱海の捜査官」というドラマが、「Trick」や「時効警察」を生み出したテレビ朝日の伝説のドラマ枠に似つかわしいユルいドラマであったのに対して、「秘密」は正統派のドラマのようです。

ドラマの原作は、東野圭吾さんのベストセラーである同名小説です。なお、映画版(滝田洋二郎監督)は、1999年に、広末涼子小林薫主演で制作されています。


ドラマは、電機メーカーに勤務する杉田平介(佐々木蔵之介)の妻の直子(石田ひかり)が夏休み中の娘・藻奈美(志田未来)を連れて実家の長野に行くために家を出るところから始まります。これを見送る平介は、妻と娘との生活がこれからも続くものだと思っていたのですが、数時間後、二人が乗ったツアーバスは崖から転落し、二人は意識不明になります。平介に見守られ直子は息を引き取りますが、藻奈美は助かります。しかし、藻奈美の意識は彼女のものではなく、直子のものでした。真実を周りに話しても信じてくれないと考え、直子は藻奈美の意識がもどることを願い、藻奈美として振舞うことを決めます。そして、夏休みが開け、藻奈美〔直子〕が高校に登校する日がやってきます。

とにかく、志田未来さんの演技が上手いです。「ハンマーセッション!」(2010.7-9月、TBS)で演じていた・立花楓は、男の子に女の子扱いされないような役を、可愛さを消して演じていたのですが、「秘密」(第1話)では、藻奈美〔直子〕という難しい役を、魅力を隠すことなく演じています。

このドラマは、一旦、見始めれば、志田未来さんの演技に引き込まれて、その回は最後まで見ることになるとは思います。でも、原作を読んで話の筋が分かっていますので、毎回視聴するようなドラマになるかは今のところはわかりません。連続ドラマになるので話を付け加え、筋も少し変わることになることになると思います。でも、藻奈美〔直子〕を演じるのが志田未来さんなので、深夜に放送されるドラマ枠とはいえ、無茶な展開には変更できないでしょうね。
とりあえず、第2話は期待を持って観ることにします。


平介と藻奈美〔直子〕以外の登場人物の他としては、藻奈美の関係では、担任・橋本多恵子(本仮屋ユイカ)、親友の川辺由梨絵 (林丹丹)、付き合っていたらしい相馬春樹(竜星涼)、平介の関係では親友の小坂洋太郎(橋本さとし)がいます。
橋本多恵子は平介に好意を持つようになるようであり、ドラマでは軽度のお色気担当のようです。川辺由梨絵は、直子が中の人になっている藻奈美に違和感を感じながらも助けていくようです。相馬春樹はドラマの中でどれくらいの重要度を持つ役であるか現時点ではわかりませんが、第1話の最後では、藻奈美〔直子〕を美術室に呼び出し、キスをしようとする場面があります。小坂洋太郎は、直子のことを平介と付き合い始めるころから知っているようです。

この他の登場人物として、隣人の吉本和子(池津祥子)、バスを運転していて死亡した梶川幸広 (吹越満)、その妻の梶川征子 (堀内敬子)、被害者の会の中心的メンバー・藤崎和郎 (升毅)がいます。