はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「豆腐ぶっかけ丼」を知って、小田急の新宿駅で食べた「豆腐一丁そば」を思い出す。

平民新聞」さんで「豆腐ぶっかけ丼」というものを紹介しており、人気記事になっているようです。

用意するものは豆腐半丁だけです。他のものは、料理をする家庭であれば普通にあるものです。豆腐好きには たまらない味ではないかと思います。


で、この記事を見ていたらば、小田急新宿駅にある そば屋で以前よく食べていた、「豆腐一丁そば」を思い出しました。これは、冷やしそばの上に、豆腐一丁を、乗せたものであり、ドラマ「SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」の当麻紗綾(戸田恵梨香)の口癖を借りるのならば、「ばかうま」です。 
これを食べていた当時は、豆腐一丁でなくて、半丁でも十分だと思っていました。でも、今、考えてみれば、このメニューを思いついた時、名前として「豆腐一丁そば」が思い浮かんだのではないかと推測します。そして、その名を一旦思いつくと、「豆腐半丁そば」では不恰好に感じてしまうので、豆腐一丁を使うことにしたのではないでしょうか...。

最近は小田急新宿駅に行く機会がないので、まだ、あるのかと調べてみると、まだ、あるようです。ただし、夏の限定メニューのようですね。当時のことは、味以外はおぼえていないのですが、そういえば夏限定のような気がしてきました。オールシーズンのメニューにしても問題はないと思いますし、猫舌の私としては是非そうして欲しいです。
そば屋の名前は「箱根そば」だったようです。

検索して見つけたkeebowさんの記事へのリンクを張っておきます。おいしそうな「豆腐一丁そば」の写真が掲載されています。keebowさんは、「豆腐一丁そば」のことを、コメント欄で「冷やしたぬきそばに豆腐をそのまま一丁乗せただけ」と説明しています。

調べてみると、他のお店でもメニューにしているところがあるようです。まぁ、確かに、作るのはそんなに難しくないですから、どこでも作れるのではないかと思います。

来年の夏には、機会を見つけて、小田急新宿駅に食べに行くことにしたいと思います。