はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

浅草サンバカーニバルが今年は中止になったことを知って、残念に思っています。

毎年、8月の終わりに浅草で開催されていた「浅草サンバカーニバル」が中止になったことを知りました。理由は、東日本大震災の影響で隅田川花火大会の日程が8月27日に延期されたことにより、警備が難しくなったとのことのようです。

浅草サンバカーニバル開催見送り 隅田川の花火と重なる」
             朝日新聞(2011年6月15日2時27分)
毎年8月下旬に東京・浅草で開かれている「浅草サンバカーニバル」の開催が、今年は見送られることが決まった。東日本大震災の影響で、毎年7月末に開かれる隅田川花火大会が8月27日に延期されて日程が重なり、十分な警備が難しくなったという。
 実行委員長の丸山真司・浅草商店連合会理事長は「残念だが、来年はいいカーニバルを開催できるように準備したい」と話した。実行委によると、昨年は23団体約4700人がパレードに参加し、約50万人が沿道に詰め掛けた。

http://www.asahi.com/national/update/0615/TKY201106140728.html

サンバを踊っている人たちを含むパレードに参加する人たちについては、チャラチャラしているというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、普段は普通の社会人であり、そのかたわら、練習に励んでいる人たちだと認識しています。その人たちにとっては、「浅草サンバカーニバル」は非常に重要なイベントだと思われますので、今回の中止の件については、残念に思っていると思います。特に、今回は要因がサンバに関することではなく、「隅田川花火大会」の日程が東日本大震災により延期されたことですから、納得できない思いを持っている人もいるかもしれません。「隅田川花火大会」の主催者もこんな風に影響が出るとは思ってもみなかったと思います。

さて、サンバ関係者でなく、、「浅草サンバカーニバル」に行ったこともない私が、あえて今回の記事を書いているかというと、以前、サンバについては必ずしもプラスにならないと思われる記事を書いていたからです。で、「浅草サンバカーニバル」の中止という状況を得て、今回はプラスになる記事を書けないかと思った次第です。

「隅田川花火大会」が日程をずらしてまで開催したのに対して、「浅草サンバカーニバル」が中止になったことの大きな要因としては、花火大会が日本の風物と認識されているのに対して、サンバカーニバルはそうではないことがあげられると思います。
花火大会と女性の浴衣姿というのは典型的な夏のイメージであり、CMのモチーフとしてもよくつかわれます。瑛太さんと上野樹理さんが共演しているカルビー・夏ポテトのCM(2004年)を貼っておきます。大きな川に浮かぶ屋形船が映されていますけど、おそらく隅田川べりで撮影したのでしょうね。

これに対して、日本ではサンバとういう音楽が流れる機会はあまりありません。サンバと聞いて「マツケンサンバ」を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、これは音楽的にはサンバとは言えないと思います。萌えを愛でる文化が商品にも活用され、女子高生風の衣装を着ることが多いAKB48がトップアイドルである日本の現状を考えると、大人の女性が踊った方が映えるサンバや、サンバカーニバルはいまの時代的なものではないのかもしれません。


とは言え、「浅草サンバカーニバル」は、浅草エスコーラ・ヂ・サンバ協会(AESA)のホームぺージによると、関係者の努力により、「浅草サンバカーニバル」はブラジル以外の国で開催されるサンバカーニバルの中で、今やもっとも参加人数の多いイベントとなったようです。

自国の文化に根差さないイベントをこれだけの規模に育て上げてしまうのは、日本でしかあり得ないことだと否定的に捉えることもできます。しかし、萌え文化が育ったように、極めて日本的なあり方ともいえると思います。そういう意味でも、今回の「浅草サンバカーニバル」の中止は非常に残念です。



(我ながら、強引な文章の展開です...。あんまり、サンバにもプラスになっていないし...。)


ということで、今年こそ「浅草サンバカーニバル」に行ってみようと予定していた人で、今回の中止を残念に思っている人に、以前行ったことがあるブラジル料理のレストランを紹介します。JR大塚駅のそばにある「Espeto Brasil(エスペート・ブラジル)」というお店です。お店のホームページによると大塚駅南口から歩いて3分ということです。

毎日のようにライブが開催されており、気軽にブラジル音楽に触れることができます。ライブの予定やチャージの金額はホームページに記載されています。なお、以前はサンバ教室のようなものが開催されていたようですが、現在はどうであるかはわかりません。