はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

岡山県の湯郷温泉(美作市)と湯原温泉(真庭市)に、なでしこジャパンが中国にいる間に行きました。

先週の金曜日から日曜日にかけて、岡山県の北東部に旅行をしてきました。宿泊したのは湯郷温泉美作市)と湯原温泉真庭市)でした。この二つの温泉は、奥津温泉*1鏡野町)と合わせて美作三湯と呼ばれています。美作(みまさか)というのは、岡山県の北東部を表す昔からの名称であり、その中心地として、昔から栄えてきたのが美作の中央部にある城下町・津山(津山市)です。私は、津山には以前訪ねたことがあるので、今回は、美作の西部にある湯郷温泉と、東部にある湯原温泉を訪ねたのでした。なお、湯郷温泉のことを知ったのは、なでしこジャパンサッカー女子日本代表)がきっかけでした。

今回の旅行は、実は前の週に予定していたのですが、台風12号が岡山県付近を通過すると予想されたので、延期にしました。まだ、台風の被害が残っている可能性があるのにもかかわらず、翌週に出かけたのは、青春18きっぷの有効期限が9月10日であったからです。青春18きっぷを有効活用するために、岡山駅からの長距離バスを使わず、極力、JRを使うことにしました。

効率を優先させるのならば、湯郷温泉に行くには、JRで姫新線林野駅経由で行くよりも、岡山駅からのバスの便が便利です。また、湯原温泉へのコミュニティーバスの便が出ているJR中国勝山駅姫新線真庭市)までは、岡山駅からのバスを使う方が、JRを使うよりも接続がいいです。ちなみに、勝山(真庭市)は、城下町であり、高瀬舟による水運で栄えた町です。勝山の観光をするのならば、勝山において乗り継ぎ時間があった方が、都合がいいです。

湯原温泉は、中国勝山駅から中国山脈に向かって、旭川を20キロさかのぼったところにあります。そして、湯原温泉のすぐ上流には湯原ダム*2があります。台風12号の際には湯原ダムから放水がされた結果、数日の間、旅館への温泉の供給ができなくなったり、名物である露天風呂「砂湯」が使えなくなるという被害があったようです。台風12号は湯原温泉のほんの少し東側を通りましたので、湯原温泉付近にも、紀伊半島ほどでないものの、大雨が降ったようですね。なお、湯郷温泉の周辺には大きな被害はなかったようです。

湯郷温泉は、なでしこジャパンのメンバーである宮間あやさんと、福元美穂さんが所属する岡山湯郷Belleの本拠地です。このため、温泉街の至る所に、ワールドカップ優勝を祝う、二人の写真入りの登りが立っていました。ロンドンオリンピックの予選のための直前合宿が湯郷温泉で行われた6日間(8/22〜27)は、見物客が殺到したようです。私が湯郷温泉に行った時には、なでしこジャパンは中国・済南市で予選を戦っていましたので、ごく普通の温泉街の風景がありました。なお、なでしこジャパンは、本日(2011.9.12)帰国しましたので、今週末はいつもよりは賑わうのかもしれませんね。

湯郷温泉は、洋風のモニュメントもある少しモダンな温泉町です。温泉街から少し離れたところに、スーパー「Marui*3や、衣料品のチェーンストア「しまむら」がありますので、岡山湯郷Belleの選手も暮らしやすいのではないかと思いました。それから、岡山市までは、ほぼ1時間に1本の間隔で長距離バス(宇野バス、所要時間100分)がありますから便利です。

岡山湯郷Belleは、2001年に結成されてから、湯郷温泉をはじめ地域の人たちのサポートを受けてきました。現在、湯郷温泉が受けている注目が一過性のものでないことを願います。


〔関連記事〕

*1:JR津山駅からバスの便があります。

*2:水力発電が行われているようです。

*3:津山市に本部があり、岡山県鳥取県を中心して店舗を展開しているスーパーマーケットのようです。岡山湯郷Belleのオフィシャルスポンサーになっています。