はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

オリコンの年間シングル売り上げランキングについてなど

オリコンが、2011年の「年間CD&DVDランキング」を12月18日に発表しました。集計期間は、去年の12月13日から今年の12月11日までの間です。

オリコンのサイトにある、シングルの20位までのリストへのリンクを張ります。

予想はできたことなのですが、AKB48が今年発売したシングル5枚が、トップ5までを占めました。そして、全ての曲の売り上げが100万枚を超えました。1位は「フライングゲット」であり、推定売上枚数は、158万7229枚でした。以下、5位までは、「Everyday、カチューシャ」、「風は吹いている」、「上からマリコ」、「桜の木になろう」です。

6位と7位は嵐による「Lotus」と「迷宮ラブソング」です。両方とも推定売上枚数は60万枚代でした。9位にはAKB48の姉妹グループであるSKE48による「パレオはエメラルド」、10位には嵐と同様にジャニーズ系であるKis−My−Ft2による「Everybody Go」でした。

AKB48関係とジャニーズ系以外でトップ10に入ったのは、"薫と友樹、たまにムック。"による「マル・マル・モリ・モリ!」でした。集計期間における推定売上枚数は49万8920でしたが、現時点の売上枚数は50万枚を越えています。この曲はドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ)のエンディングにおいて、薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)が踊りながら歌っていたものです。二人は、年末の紅白歌合戦においてもこの曲を歌うことになっているので、売り上げはさらに伸びていくと思います。
AKB48関係とジャニーズ系が上位に入るのはファンの購買力を考えると普通のことのように思えますので、「マル・マル・モリ・モリ!」が8位に食い込んだのは快挙と言えると思います。

不思議なのは、テレビを含めるメディアに多数出演したK-popグループ、少女時代とKARAが20位までに1曲も入っていないことです。50位までの曲から、K-popの2グループ、AKB48のグループ内ユニット、AKB48のメンバー(ソロ)による曲を抜き出して表にします。

順位  曲名  アーティスト 
22 週末Not yet Not yet
25 GO GO サマー! KARA
26 ジェットコースターラブ KARA
27 Dear J 板野友美
33 Flower 前田敦子
34 波乗りかき氷 Not yet
35 ペラペラペラオ Not yet
46 MR.TAXI/Run Devil Run 少女時代
49 最初のメール フレンチ・キス

驚いたことは、AKB48のグループ内ユニット"Not yet"(大島優子北原里英指原莉乃横山由依)が強いということです。この中では1位に入っていますし、今まで発売した3枚のシングルの全てが40位以内に入っています。確かに、"Not yet"のデビュー曲である「週末Not yet 」は乗りが良い曲でしたが、ソロデビューした前田敦子さんや板野友美さんの曲よりも上にあるとは思っていませんでした。

KARA の曲は25位と26位なので、そこそこ売れたということだと思います。しかしこの程度では、メディアが多くに騒ぐことはないように見えます。少女時代はさらに順位が低く、「MR.TAXI/Run Devil Run 」が46位に入っただけです。私の印象でも、今年は少女時代よりもKARAの方が活躍していたように見えます。


KARAと少女時代は、シングルの売り上げではそれほど上ではないのですが、アルバムやミュージックDVDを含めた「トータルセールス」ではEXILEに次いで、それぞれ、4位と5位になっています。そして、AKB48と嵐はこの3グループを遥かに上回っています。首位は、嵐に約10億円の差をつけて、AKB48が獲得しました。

順位 アーティスト 金額 (単位は億円) 枚数 (単位は万枚)
1 AKB48 162.8 891.1
2 153.7 405.7
3 EXILE 56.0 150.9
4 KARA 49.3 181.9
5 少女時代 40.9 125.4

――以上――