はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

指原莉乃がドラマ「ミューズの鏡」(日本テレビ)に主演し、しかも、福田雄一さん(脚本・演出)のご指名だということ

今年も差し迫った12月27日、あるニュースに私は今年一番ともいえる衝撃を受けました。
指原莉乃(AKB48)が主演する深夜ドラマ「ミューズの鏡」(全24回、各15分)が、1月から日本テレビで始まるというのです。

「「さしこのくせに」を見て“指名” 奇才脚本家「一緒に仕事をしてみたい」」
          スポニチアネックス (12月27日(火)7時23分)
AKB48の指原莉乃(19)が連続ドラマに初主演する。日本テレビの深夜ドラマ「ミューズの鏡」(土曜深夜25・55、来年1月14日スタート)。普通の女の子が大女優に成り上がるシンデレラストーリーだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111227-00000064-spnannex-ent

ただ、指原莉乃がドラマに主演するということで驚いたわけではありません。私は彼女が案外、女優に向いているのではないかと思っており、以下のように今年の2月の記事の中で書いています。主演女優というのも、深夜ドラマならありえることです。

バラエティー向けの才能は指原莉乃さんがAKB48において生き抜いていくためには必要なことなのだと思います。AKB48における上位のメンバーは、ほとんど、第1期から第3期のメンバーで占められており、それに食い込むためには、他のメンバーにはないものが有用だからです。でも、AKB48の外部で活躍する時のことを考えると、それだけでいいのかなぁと思います。
私としては、指原莉乃さんは、案外、女優に向いているのではないかと思っています。芸人出身の俳優さんには演技が上手い人が多いですが、それと同様の意味で、指原莉乃さんも上手いのではないかと思うのです。
女優にはいろんなタイプの人がいます。指原莉乃さんは、前田敦子さんや大島優子さんとは特徴が違った女優さんになると思いますので、事務所的には問題はないと思います。

「グータンヌーボ」(小嶋陽菜さん、柏木由紀さん、指原莉乃[以上、AKB48])を観てから、指原莉乃さんについて色々と考えたこと - 夏かしのブログ

私が驚いたのは、脚本・演出を務めるのが福田雄一さんであり、しかも、指原莉乃の冠番組「さしこのくせに」(2011.1-9、TBS)を見て、「一緒に仕事をしてみたい」と思っていたということにです。福田雄一さんのご指名ということじゃないですか、それは素晴らしいことです。「さしこのくせに」(2011.1-9、TBS)は役に立ったのですね。

脚本・演出は「33分探偵」などを手掛けた奇才・福田雄一氏。福田氏自身が9月に放送終了した指原の冠番組「さしこのくせに」(TBS)を見て、「一緒に仕事をしてみたい」と思っていたという。
 ドラマに笑いのエッセンスを加えることが十八番だけに、どう演出するのか楽しみだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111227-00000064-spnannex-ent

私は、福田雄一さんの作品である「33分探偵」(2008.8-9、フジテレビ)、「東京DOGS」(2009.10-12、フジテレビ)、「勇者ヨシヒコの冒険」(2011.7-9、テレビ東京)を全話観ており、非常に気に入っています。今回のドラマ「ミューズの鏡」も非常に楽しみです。このドラマ、もしかしたらば、「プロゴルファー花」(2010.4-6、日本テレビ)と似ているかもしれませんね。

若干気になるのは放送時間が15分と短いことです。NHKでは15分でも支障はないのですが、民放ではCMが入りますから短くなりますからね。でも、福田雄一さんならば、どうにかなると思います。とにかく、期待して待ちたいと思います。