はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

それぞれの3月11日 午後2時46分 (2012年)

東日本大震災が一年前に起きた3月11日の午後2時46分、人によって色々な過ごし方があったと思います。

私の場合、気がついたらば、午後2時46分がすでに過ぎていました。実は私は、3月9日から、胸が圧迫されるような妙な感じがしていたのですが、11日の朝には普通に戻っていました。今年は閏年なので、地球の軌道上において、去年の3月11日午後2時46分と、ほぼ同じ位置に来るのは、3月10日の午後8時46分だったと思います。時刻をあまり気にしない私にとって、東日本大震災の1年後は、普通の人より1日前に終わっていたようです。

私は、今年の元日の一日前、つまり去年の大晦日に、熊野本宮大社和歌山県田辺市本宮町本宮)に行きました。大晦日の夜に熊野本宮大社のそばにある川湯温泉に泊まったので、元日に参詣することもできたのですが、混雑を避けて、大晦日の午後3時頃にお参りしたのでした。9時間後くらいからは、身動きができないくらい混むことになるのが信じられないくらい空いていて、ゆっくりとお参りすることができました。なお、私は旅行する際に、その地域の神社仏閣に行くことが多いので、元日を選んで参拝する必要性は感じていません。

元日の朝、私は新宮駅へ向かうバスに乗っていました。バスがすれ違った車に乗っていた人達の大部分は、日本の風習に従って、初詣を行いに熊野本宮大社に向かっていたのだと思います。毎月のように参拝する熱心な方もいらっしゃたでしょうし、神社へは初詣にしか行かないような方もいらっしゃったと思います。人それぞれだったと思います。

3月11日午後2時46分に黙祷を行った人にも、様々な人がいたと思います。過去1年間にわたって毎日のように東日本大震災の犠牲者の方々の冥福を祈り、できるだけ早い復興を願い、この機会にも黙祷を行った人もいると思います。また、年に一度の初詣と同じような意味で黙祷をした人もいると思います。黙祷をしなかった人もいると思いますし、私のように気付かないうちに午後2時46分が過ぎ去った人もいると思います。この日、それぞれの午後2時46分があったと思います。


報道によると、銀座では、午後2時46分に和光の時計台の鐘が鳴らされたようです。

「大震災発生から1年−銀座では和光の鐘の音に合わせ来街者が黙とう」
  銀座経済新聞(2012年03月11日)
東北大地震発生時刻からちょうど1年を迎えた3月11日14時46分、銀座・中央通りでは和光本館(中央区銀座4、TEL 03-3562-2111)時計塔の鐘の音とともに、多くの来街者が黙とうを捧げた。
(続く)

大震災発生から1年-銀座では和光の鐘の音に合わせ来街者が黙とう - 銀座経済新聞

この部分だけを読むと、好ましい映像が浮かびました。黙祷をしてくださいという要請がなされたわけではなく、個人個人の判断で各々行動があったと思ったからです。でも、続きの文章を読むと、必ずしも、のどかな風景ではなかったことがわかりました。

中央通りが歩行者天国となった同日、銀座4丁目交差点付近では14時過ぎから時計塔前へと人が集まり始めた。30分を過ぎると、京橋方面、新橋方面に歩けないほどの人だがりが発生。40分を過ぎてスピーカーから黙とうを促すアナウンスが流れると、来街者は一様に時計塔を見上げた。
 14時46分。1932(昭和7)年に竣工以来、初めて正時以外に時計塔の鐘が鳴った。11回の鐘の音とともに、人々は両手を合わせて1分間の黙とうへ。続いて47分を知らせる鐘が一つ鳴ると、来街者は再び四方へと歩き始めた。
(後略)

大震災発生から1年-銀座では和光の鐘の音に合わせ来街者が黙とう - 銀座経済新聞

 
東急東横線では、該当時刻に電車を停車させ、黙祷を呼びかけたようです。私の感覚としては、呼びかけるのは、どんなものかぁと思いました。

東日本大震災:1年 首都圏の私鉄、一斉停止訓練−−大地震想定」
  毎日新聞(2012年3月12日 東京朝刊)
首都圏の私鉄各社は11日、大地震発生を想定し、全線で走行中の電車を止める一斉停止訓練を実施した。午後2時46分前後に東急、相鉄、京王、小田急、西武、東武などの各社が約1分間停車。午前10時にも東京メトロ都営地下鉄京急、京成などが実施した。
 東急東横線は午後2時43分に車内アナウンスを流し停車。同46分には「10秒間、黙とうを」と呼びかけた。(後略)

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120312ddm041040158000c.html

私としては、山下公園の汽笛というのが、いい感じがしました。銀座の和光の鐘も、人が集まりすぎなければよかったのですけどね…。

東日本大震災1年:午後2時46分…祈りに包まれる県内/神奈川」
  神奈川新聞(2012年3月11日)
県内でも「午後2時46分」に合わせ、各地で多くの県民が黙とう。犠牲者の冥福と被災地の復興への祈りに包まれた。
横浜の観光名所・山下公園。汽笛の合図で、約200人が黙とうをささげた。横浜の友人と同公園の催しに参加した茨城県在住の女性(32)は「天国から見てくれているといいな」と犠牲者に思いをはせ、遺族や被災者には「押しつけがましくならないよう、明るく応援したい」と話した。
   (後略)

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1203110026/