はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

日刊スポーツの特集記事になった甑島(鹿児島県薩摩川内市)について

九州新幹線(鹿児島ルート)の全線開業(2011年3月12日)から一周年となり、沿線の自治体は観光誘致に力を入れているようです。本来ならば、去年に行うはずだった観光キャンペーンは、1日前に起きた東日本大震災被災者への配慮のために中止されたと思われますから、一周年を機に頑張ろうとしているのだと思います。

3月12日の日刊スポーツの第7面には、薩摩川内市鹿児島県)の観光キャンペーンのための特集記事が掲載されました。広告ならともかく、このような形の特集は私は初めて観ました。このページが、普通の記事が書いてある第6面の隣にあるのは、非常に不思議な光景でした。

この特集が組まれた訳については、特集の大部分を占める対談の進行役を、日刊スポーツ 営業センター長である塩田浩一(薩摩川内観光大使甑島出身)が務めていたことから推測できました。自分の社内での地位を活用して、故郷のプロモーションのために寄与したということだと思います。

この特集のタイトルは「九州新幹線全線開業 鹿児島・薩摩川内が近くなる」となっていますが、実際は、ほとんどが甑島についての紹介となっていました。これは、進行役と共に、3人の対談者の一人である俳優・小倉一郎甑島出身であるために、当然の流れなのかぁと思いました。なお、小倉一郎薩摩川内観光大使とのことです。それから、他の対談者は、R&B歌手であるAI、岩切秀雄 薩摩川内市長でした。

甑島は、正確に言うと甑島列島であり、主な島は、上甑島、中甑島、下甑島です。この内、上甑島と中甑島は橋でつながれています*1甑島は、ドラマ化された漫画漫「Dr.コトー診療所」(山田貴敏)のモデルであったことで知れており、また、“きびなご”の名産地でもあります。

私は2009年の暮れから元日にかけた2泊3日を、上甑島で過ごしました。本来は、大晦日に鹿児島の本土に戻る予定だったのですが、帰りの便が欠航したので、大晦日も泊まることになったわけです。結果として、離島において、大晦日の晩を過ごし、元旦の迎えるという貴重な体験をすることができました。ご興味と、お時間がある方は、以下の記事をご覧ください。

この旅において上甑島に行く際には、串木野新港(鹿児島県いちき串木野市)から里港(上甑島)行きの船に乗りました。串木野駅から串木野新港までは距離がありますので、私はバスを利用しました。

薩摩川内市長の話によると、平成26年4月をめどにして、薩摩川内市内にある川内港から甑島まで、高速船(所要時間:35分)を運行させることが決まったということです。川内港の最寄り駅は、九州新幹線の停車駅である川内駅ではないのですが、川内駅からバスを運行するのかもしれません。もしそうなれば、今よりは利便性が大きくなると思います。鹿児島市に観光に来た人が、甑島に足を延ばすということがあるかもしれません。

甑島の魅力というと何かというと、手つかずの自然なのだと思います。釣りの番組にはよくとりあげられているようなので、釣りが好きな人にとっては、魅力的な島なのだと推測します。私が行った時にはなかったと思うのですが、現在は観光船「かのこ」が中甑港から運行しています。釣りヲタと島ヲタの他にも、楽しめるものができたということだと思います。

観光遊覧船「かのこ」に乗っての甑島西海岸クルージングは、甑島観光の大きな楽しみの一つ。東シナ海の大自然によって造られた奇岩や断崖が多く、雄大な景観が心を魅了します。

観光船「かのこ」 | こころ | 薩摩川内 観光物産ガイド

――以上――

*1:中甑島と下甑島を結ぶ橋が現在建設されています。