はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「福岡恋愛白書7 初恋の詩」(指原莉乃 主演)を観ました

「福岡恋愛白書7」という2話構成のドラマが、3月24日深夜(24時30分〜)に、九州朝日放送で放送されました。私は、第2話である「初恋の詩」(指原莉乃 主演)を観ました。

この番組は、2006年から毎年放送されているシリーズものの恋愛ドラマであり、視聴者による投稿された実話に基づいて作られています。石橋杏奈が主演する第1話「キミの笑顔にふれたくて」がシリアスな内容なのに対して、指原莉乃が主演する第2話の方は、ホームページにおける記載や、番宣スポットCMの内容からコミカルなものだと推測されました。


「初恋の詩」の主人公は、宗像市*1(福岡県)に住む宮本香織(指原莉乃)です。小学校1年生であった香織(子役:久家心)は、筆箱を忘れた際に助けてもらったことにより、同級生の堀内(子役:小山颯)に恋をします。この恋が13年を経て実るまでが、ドラマでは描かれます。なお、この13年の間、香織は堀内(尾関陸〔中学生から〕)に告白ができないものの、そばから離れたくないために、堀内が進学した進学校を経て、堀内と同じように九州大学に入学し、堀内が所属するバスケット部のマネージャーになっています。

このドラマでは、ドラマの始めの方から、既に母親になっているに香織(坪内陽子*2)が登場しています。このため、香織の恋が実っていることが推測されるので、安心して楽しむことができます。ドラマの見どころとしては、指原莉乃が見せる様々な顔の表情による見事な演技があります。指原莉乃が見せるそれらの表情を、コメディータッチの演出がさらに効果的ななものにしています。

他の主な出演者としては、香織の親友である浜崎由依を演じる日南響子がいます。この他に、香織の子供である遥を演じる兒玉遥HKT48)、大学時代に堀内に積極的な姿勢をみせる女子学生を演じる松岡菜摘HKT48)など、何人かのHKT48のメンバーが出演しています。

ドラマの見せどころは、大学生になった香織が、なぜか堀内と二人でいくことになる宗像大社への初詣の場面から、卒業した高校のバスケットコートにおける場面です。バスケットコートにおける場面では、香織が予想しなかった真実が、堀内の口から語られます。


本放送は、九州朝日放送だけで放送されたようですが、シリーズの前の作品の例から推測すると、福岡県以外でも、放送されることになる県があると思われます(日時は不明)。wikipeidaの該当ページによると、第6シリーズでは(今回は第7シリーズ)、関東地方においては、テレビ神奈川千葉テレビテレビ埼玉で放送されたようです。

【2012.7.7 11:51 追記】(テレビ神奈川TVK〕では、2012年7月8日(日) 20:00〜21:30に放送されるようです。)


それから、ドラマのDVD(4月17日(火)発売、3990円)には、放送前から、予約が殺到していたそうです。第1話のドラマと合わせて、「本編75分、メーキング74分 特典写真2枚付き」ですから、福岡県に観に行くよりは、小額の出費ではあります。

――以上――

*1:宗像市は、福岡市と北九州市の真ん中くらいに位置し、海岸に接しています。

*2:指原莉乃に似ており、始めは彼女が扮しているのではないかと思ってしましました。