はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「AKB48 27thシングル 選抜総選挙」(第4回 選抜総選挙)の順位予想

AKB48 27thシングル 選抜総選挙」(第4回 選抜総選挙)が、開催されることになりました。開票は6月6日(2012年)です。なお、卒業を表明した前田敦子は、選抜総選挙の対象にはならないことになりました(4月4日)

去年までは、12位までの選抜枠、21位のメディア選抜枠に入ることが、選抜総選挙としては重要でした。そして、順位は30位まで発表されました。「選抜総選挙としては」という表現を使ったのは、現実的にメディアへの露出が圧倒的に多かったのは、8位までだったからです。

今年は、メディア選抜枠が廃止され、選抜枠が16人に減りました。選抜枠が減らされた代わりに、順位の発表は64人までになりました。17〜32位、33〜48位、49〜64位という3つの枠には違いがあるようですが、とりあえず私の関心外です。

私は、前田敦子選抜総選挙を辞退したことにより、16人の枠内の順位予想はかなり容易になったと思います。ただ、他の人や、マスコミがどう考えているかは分かりません。特に、マスコミは去年のように、見当違いのことを考えている可能性があります。


去年のマスコミ予想は、ふざけているのではないかと思うくらい、おかしいものであり、予想通り、大きくはずしました。これに対して、私の予想(12位まで)は、運がよかったのかもしれませんが、かなり的確でした。


それでは、今年の選抜総選挙の順位予想を16位まで行います。参考までに、去年の選抜総選挙の16位までを、以下に示します。

1位:前田敦子、2位:大島優子、3位 :柏木由紀、4位 :篠田麻里子
5位 :渡辺麻友、6位 :小嶋陽菜、7位 :高橋みなみ、8位 :板野友美
9位 :指原莉乃、10位 :松井玲奈、11位 :宮澤佐江、12位 :高城亜樹
13位 :北原里英、14位 :松井珠理奈、15位 :峯岸みなみ、16位 :河西智美

それから、メンバーの人気と相関が高いとされているgoogle+登録者数については、4月1日時点のものを、以下の記事に記載してあります。


まず、今回の予想の基とした2つの推測を示します。

それでは、選抜総選挙の予想順位を示します。その後、1位から10位までと、11位から16位に分けて、予想について解説します。

順位 名前 去年の順位
1 大島優子 2
2 柏木由紀 3
3 篠田麻里子 4
4 渡辺麻友 5
5 指原莉乃 9
6 小嶋陽菜 6
7 松井玲奈 10
8 高橋みなみ 7
9 板野友美 8
10 宮澤佐江 11
11 高城亜樹 12
12 北原里英 13
13 松井珠理奈 14
14 横山由依 19
15 峯岸みなみ 15
16 河西智美 16
次点 山本彩 28

まず、1位から10位までについて説明します。

1位は、過去一年に活躍が目立った大島優子さんにしました。柏木由紀は過去1年において、きわだった活躍はなかったようですが、ヲタの力により、篠田麻里子を順位で上回ると予想しました。

去年の選抜総選挙では5位であった渡辺麻友は、高校を卒業したことにより、制約なく芸能活動ができるようになります。これにより順位を上げると予想されている人が少なくないと思います。彼女は確かに、綺麗になりました。でも、私は、それがプラスになるとは限らないと、私は思っています。今まで、ロリであったことに魅力を感じていたファンが、離れていく可能性があるからです。このため、実質は去年と同じ順位である4位と予想しました。

5位は、指原莉乃にしました。彼女は、過去1年間にメディアへの露出が著しく増えました。これまでは、熱心なヲタに支えられている感のあった彼女ですが、「笑っていいとも!」にレギュラー出演することなどにより、ライトなファンも増えたように思います。ただ、彼女の場合、デビューシングルの発売が、選抜総選挙のほぼ1か月前である5月2日にあり、しかも、秋元康の策略により、乃木坂46と競わされているという特殊な事情があります。このため、ヲタの資金の配分の仕方によっては、7位くらいに下がる可能性があると思います。

松井玲奈は、板野友美高橋みなみよりは、順位が上になる可能性が高いと判断しました。板野友美は、AKB48以外の活動が多いために、順位にそれほど執着していないと思われます。また、高橋みなみは、AKB48の取りまとめであるために若干順位が下がっても優遇されると思われるからです。しかし、小嶋陽菜は意外に手ごわいので、松井玲奈が彼女より上に行くのは、難しいと判断しました。


10位〜16位の7人のメンバーは、得票数にそれほどの違いがないと推測されます。このために、順位つけが難しいと感じました。

横山由依|は、google+登録者の数では第12位(4月1日)であり、ファンが多いように見えます。しかし、これは、運営の推しによりメディアへの露出が多いことにより、ライトなファンが増えたためであると私は推測しています。そして、例えば、北原里英のファンとは違い、コアなファンがいないのではないかと思っています。このため、7人の中では下位のグループに入ると判断しました。

河西智美に関しては、体調面の問題により、ここ1年はあまり頑張れなかったような印象を持っています。初期の考察では、これが災いして、彼女は16人枠に入れないと考えていました。しかし、代わりに16人枠に確実に入れるようなメンバーがみつからないので、最終的には、16位としました。彼女にとり替わる可能性があるメンバーとしては、倉持明日香増田有華のようなAKB48のメンバーよりも、山本彩ような姉妹グループのメンバーの方が、可能性が大きいと思います。

――以上――