はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

電車が瀬戸大橋の上で7時間立ち往生としたという、JRには起きがちな判断ミス

爆弾低気圧」が日本中に強い風と雨をもたらした2012年4月3日、児島駅岡山県倉敷市)を出発した坂出駅行きの「マリンライナー」は、強風のために、瀬戸大橋上で7時間、立ち往生したそうです。

「14分の距離を7時間以上…立ち往生に乗客憤り」
読売新聞 (2012年4月4日00時30分)
急速に発達した低気圧は3日朝から西日本を襲い、同日午後には東日本でも猛威をふるって、交通機関が大きく乱れた。
西日本への影響は夜になっても残り、ターミナル駅は、勤め帰りに足止めされた客らで大混雑した。瀬戸大橋上で7時間以上立ち往生した「マリンライナー」の乗客らは、疲れ切り、「なぜ出発前に止めなかったのか」と憤った。
 JR瀬戸大橋線の快速「マリンライナー27号」(5両)が児島駅岡山県倉敷市)を出発したのは午後0時5分。その後、橋上の風速計が規制値の25メートルを超えたため、列車は、児島駅の5・5キロ先、櫃石(ひついし)島(香川県坂出市)付近の瀬戸大橋上で停止した。午後7時25分にようやく運転を再開し、坂出駅(同市)に到着したのは午後7時45分。14分ほどで着くはずが、7時間40分かかった。
 乗客によると、車内では「運転再開は未定です」との車内アナウンスが度々流れ、約170人の乗客に食べ物と水が配られた。強風にあおられて車体が揺れ、不安がる人や、腰が痛くなったのか、通路を歩き回る人も。JR四国によると、40歳代の男性と3歳の女児が気分が悪くなったという。
 坂出駅で降りた乗客は疲れた表情。大阪の取引先との商談帰りという坂出市内の建設業男性(52)は「JRは判断が悪すぎる。いいかげんにしてほしい」と、天候悪化を見込んで運行を中止しなかった対応を批判した。
 終点高松駅に午後8時12分に着いた岡山市の香川大3年生(20)は「立ち往生している間も風で揺れがすごくて怖かった」と話した。
 運休しなかったことについて、同社は、「運休が必要なほど風が強くなるのは午後2時以降と予想していた。経験がないほど急速に風が強まった。ご迷惑をかけ、申し訳ない」としている。
(2012年4月4日00時30分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120404-OYT1T00035.htm

この種の判断ミスというのは、JRにありがちのように思います。そして問題は、JRには学習機能が、乏しいように思われることです。

実は、この日、私の乗っていた列車も、15分でしたが立ち往生しました。
その列車は、終着駅と一つ前の駅の間で止まりました。何故止まったかというと、終着駅のホームは他の電車がいたからです。その電車は強風のために出発を見合わせていたようです。
私は、一つ前の駅を出発した時点で、このことが起きるのではないかと心配したのですが、運転手は予期しなかったのかもしれません。でなければ、予期したけれども、マニュアル通りに電車を動かしたのだと思います。

電車に乗っていた人にとって幸いだったのは、15分で駅のホームが空いたことです。その電車が出発してくれたのでしょうね。

こんな場合、前の駅で停まった際に、情報をアナウンスしてくれれば何も問題は起きません。それほど田舎ではないので、駅のそばで時間をつぶすことはできますし、タクシーで移動することもできますからね。でも、JRは、載せた客を終着駅まで運ぶことにこだわりますし、状況を教えてくれないのです。

まぁ、とにかく、予定よりは15分遅れましたが、4時少しすぎには自宅についたので、良かったです。

【関連記事】