はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「放課後はミステリーとともに」の第1話と、第2話

4月23日(月)から始まった深夜ドラマ「放課後はミステリーとともに」(東川篤哉原作)の第1回と第2回を観ました。主人公を川口春奈が好演しており、ドラマが醸し出すユルイ雰囲気が心地よかったです。深夜にマターリと観るには適しているので、これからも観ることになると思います。

関東では番組はTBSで放送され、月曜24:20〜24:59に新設されたドラマ枠で行われます。しかし、他の地方は違うようですし、放送されない地域もあるようです。


ドラマの舞台は東京・国分寺にある高校「鯉ヶ窪学園」です。主人公は探偵部の副部長である霧ヶ峰*1川口春奈)であり、彼女と、探偵部の顧問になることになる生物教師・石崎浩見(速水もこみち)は、高校とその周辺で起きる奇妙な事件に遭遇し、謎を解くことになります。

霧ヶ峰涼は、自分と同じように3文字の苗字を持つ選手(例:外木場、安仁屋)が成功している広島カープの熱烈なファンであり、野球が上手いです。その腕前は、野球部の練習において、ノックを務めるほどです。このため、第1回は「1回表」と、第2回は「1回裏」と記されており、話の内容も2回で一つの事件を解決するようです。なお、全10回となっていますので、全部で5つの事件に遭遇することになると思われます。


霧ヶ峰涼は、色気はなく、直線的ですが、憎めないキャラに設定されています。彼女には、遭遇する事件を解決しようとする推進力はあるのですが、綿密な推理を組み立てて事件を解決するだけの力はありません。実際に事件を解決するのは、豊富な科学知識とヲタ的な知識を兼ね備える石崎浩見の役目のようです。


他の主要人物としては、事件関係では、国分寺署の女刑事・烏山千歳(入山法子)と、彼女にアゴで使われるノンキャリアの中年警部・祖師ケ谷大蔵(高嶋政伸)がいます。そして、学校関係者の主要人物として今回(1回の裏表)登場したのは、霧ヶ峰涼の親友であり、学級委員長である高林奈緒子(広瀬アリス)でした。この他に、公式サイトの人物相関図には、不良である荒木田聡史(間宮祥太朗)が掲載されているのですが、今回は登場しませんでした。


「UFO殺人事件!〜X山ファイル〜」と題された今回の話の「一回表」では、二人は、まず、高林奈緒子が知らせてきた、陸上部のスーパーヒーロー・足立駿介 (永瀬匡) が砂場で倒れていた事件?に遭遇します。そして、その夜に石崎浩見が主催した流星観測会の際に、二人は畑で倒れてる女性・恭子 (井村空美)を見つけます。この件について、霧ヶ峰涼が関係者に的外れな推理を披露するところで、「一回表」は終了します。

「一回裏」については、内容をそれはどは正確に覚えていないので、公式サイトにおける“あらすじ”に、リンクを張ることにします。なお、事件がどのように解かれたかは書いていません。

それから、この事件と類似した形で、足立駿介が砂場で倒れてきた件も、解かれます。誰も、死なないところが良いと思いました。

このドラマは、川口春奈速水もこみち を見ているだけでも楽しめます。


第3話のあらすじへのリンクも張っておきます

――以上――

*1:仇名は「エアコン」であり、そのように言われると激怒します。