はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

家庭向け電気料金の値上げには、東京電力社員の冬のボーナス分が計上されている件

東京電力の家庭向け電力料金値上げには、今年の冬の賞与が人件費として計上されているようです。

このことを報道した毎日新聞の記事を読んだ時には、如何にあの東京電力でも、そんな愚かなことはしないだろうと考え、毎日新聞さんの誤報ではないかと思っていました。しかし、系列のTBSの他にも、テレビ朝日、NHKが報道していますので、どうやらガセではないようです。毎日新聞さんに陳謝いたします。

本来ならば激怒するはずなのですが、呆れてしまっています。

東電:賞与も値上げ分に 今冬147億円、人件費に計上」
  毎日新聞(2012年05月29日 02時30分〔最終更新:07時48分〕)
家庭向け電気料金の平均10%超の値上げを枝野幸男経済産業相に申請している東京電力が、社員の今冬の賞与(ボーナス)147億円分を料金値上げの原価となる人件費に計上していることが28日分かった。福島第1原発事故の処理と賠償で財務内容が悪化し、国から1兆円規模の公的資金投入を受ける東電は今夏のボーナス支給は見送ったが、冬のボーナスに関しては「未定」としていた。

 電気料金値上げの妥当性を審査している経産省有識者会議「電気料金審査専門委員会」(委員長・安念潤司中央大法科大学院教授)は、東電に対し、人件費の一段の削減を通じた値上げ幅圧縮を促したい考え。同専門委は29日に会合を開き、人件費や修繕費などの計上が適正か審査するが、委員からは「公的資金を投入される立場を考慮し人件費を決めるべきだ」との厳しい声も出ており、冬のボーナスの大幅削減を迫られる可能性がある。

http://mainichi.jp/select/news/20120529k0000m020110000c.html

しかし、毎日新聞さんによる「冬ののボーナスの大幅削減を迫られる可能性がある。」という記載は極めて甘いですし、有識者会議の皆さんも優しげです。私としては、東京電力には、過去10年のボーナスの返却をお願いしたいレベルですよ。

【関連記事】