はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

ウェザーニューズが発表した、今年の梅雨の傾向について

ウェザーニューズが、昨日(2012年5月29日)、今年の梅雨の傾向について発表したことについては、多くの報道機関が報道しました。

「今年の梅雨「短いが雨多い」 ウェザーニューズが予想」
   朝日新聞(2012年5月29日17時38分)
気象情報会社ウェザーニューズは29日、今年の梅雨の傾向を発表した。梅雨入りは全国的にほぼ平年並みだが、梅雨明けは5日ほど早くなる見込み。梅雨の終わりごろに大雨が予想されるため、7月の雨量は多めの地域が広がる。関東で昨年の3倍、東北で2倍の降水量になる可能性もあるという。

 ウェザーニューズによると、5月末に西日本の太平洋側から次第に梅雨に入った後、6月下旬にいったん梅雨前線の影響が弱まって雨量が減る。西日本と東日本は7月上旬、北日本で7月中旬に雨のピークが訪れると見られる。(赤井陽介)

http://www.asahi.com/national/update/0529/TKY201205290384.html

でも、どの報道を見ても、梅雨入りの日に関する記載はありませんでした。例のごとく、どの報道でもニュースソースへリンクはなかったので、苦労して探し当てました。

しかしながら、このプレス発表の情報を見ても、梅雨入りの日に関する記載はありませんでした。書いてあるのは、以下のことだけです。何か規制があって発表できないのでしょうか…。

5月下旬の後半になると、本州の南海上に梅雨前線が停滞するようになり、西日本の太平洋側から次第に梅雨らしい天気の日が増えていきます。
 今年はほぼ全国的に平年と同じ時期に梅雨を迎える地域が多い傾向ですが、梅雨が終わる時期は平年より5日ほど早い見込みです。

2012年「梅雨の降雨傾向」発表。期間は短めも雨量は増加の見込み。/2012.05.29

「平年と同じ時期」が何日かというと…、それは気象庁のサイトを見ると分かります。

関東地方における平年の梅雨入りは、「6月 8日ごろ」ということですから、来週の金曜日(6月8日)の周辺ということでしょうね。今週末の天気予報を見ると、今週末から梅雨入りである可能性があるかなぁと思っていたのですが、あと1週間の猶予がありそうです。

――以上――