はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

OBS大分放送(指原莉乃 推し)が、MBC南日本放送(柏木由紀 推し)に挑んだ戦いの結末について〔第4回AKB48選抜総選挙〕

AKB48選抜総選挙に関して、OBS大分放送の「旬感!3ch」(指原莉乃 推し)が、MBC南日本放送の「TEGE2」が(柏木由紀 推し)に挑んだ戦いに関して、以下の記事(5月20日)を書きました。この戦いの結果などについて書いておくことにします。

まず、選抜総選挙の結果を、5位まで以下に示します。

順位 去年の順位 名前 得票 〔去年との差〕
1 2 大島優子 108837 ▼14006
2 5 渡辺麻友 72574 △13456
3 3 柏木由紀 71076 ▼3176
4 9 指原莉乃 67339 △22112
5 4 篠田麻里子 67017 △6478

順位だけを見れば、柏木由紀が3位、指原莉乃が4位であり、柏木由紀が3737票の差をつけて、指原莉乃を上回っています。結果として、敗者の「旬感!3ch」(OBS大分放送)は罰ゲームのようなことをするのだと思いますが、指原莉乃が去年よりも5位順位を上げて4位となり、驚きの大躍進を成し遂げたのですから、「旬感!3ch」としては、罰ゲームくらいは喜んでやるという心境だと思います。

これに対して、「TEGE2」(MBC南日本放送)としては、勝負に勝ったものの、柏木由紀は3176票減らして、去年よりも実質上は1位順位を下げて3位となりましたから、複雑な心境だと思います。柏木由紀が3位になったことには、鹿児島県の人は驚いたでしょうし、落胆したと思います。

私は、指原莉乃を4位であると予想していたので、彼女の大躍進については大きな驚きはありませんでした。

そして、指原莉乃のスピーチの後に3位として呼ばれるのは、渡辺麻友だと思い込んでいました。しかし、実際に呼ばれたのは柏木由紀でしたので、かなり驚きました。また、指原莉乃との差が4000票に満たなかったことにも、驚きました。「かしわげちゃん、どうしちゃったのだろう」という感じでした。MBC南日本放送鹿児島県の人は、これ以上書かれてもうれしくないでしょうから、以下は、記事の最後を除いて、大分市関係のことについてのみ書きます。


指原莉乃 の地元である大分市の繁華街では、フジテレビによる「AKB48第4回選抜総選挙生放送SP」のパブリックビューイングが行われ、釘宮大分市長を含め、地元の方々がご覧になったようです。

このパブリックビューイングが開催されたのは、この番組が大分県では放送されないことが大きな要因であったようですが、このイベントを開くことにより注目を集めようとする大分市の意図があったと思われます。「AKB48第4回選抜総選挙生放送SP」においても、この会場からの中継が行われ、大きな注目を浴びました。大分市の意図どおりにモノゴトが進んだということだと思います。

この会場の様子を報道したTOSテレビ大分)のニュースを某動画サイトで観ると、多くの人が指原莉乃を熱狂して応援している姿が映されています。この動画を観た人の中には、大分市長を始めとする大分市の人達の一部は、以前から指原莉乃を熱心に応援していたという印象を持つ人がいるかもしれません。しかし、1か月前においては、市民の方々はともかく、大分市長は熱心ではありませんでした。

1か月前とは何かというと、指原莉乃と乃木坂46の同門対決が行われた時です。半年以上の検討を重ねて指原莉乃観光大使に任命した大分市は、(当時は)彼女の敵側であった乃木坂46が市長を表敬訪問すると、すぐに観光特使に任命しています。つまり、指原莉乃観光大使に任命したものの、応援した訳ではないのです。

この1か月の間に何が起きたかというと、指原莉乃を応援すると大分市にとって得であるという判断がされたのだと思います。選抜総選挙の速報が行われ、指原莉乃は4位となったからです。指原莉乃のメディア露出は増えましたし、彼女は今まで通り、大分県大分市のことについて言及します。このメディア露出により、おそらく初めて、指原莉乃大分市に大きく貢献していることに気がついたのだと推測します。そして、彼女のこれまでの貢献に感謝したかはわかりませんが、選抜総選挙において彼女が順位を上げることが、大分市にとって得だと気がついたのだと思います。 気がつくことが遅かったことは残念ですが、遅すぎなかったことは好運だったと思います。


まぁ、経緯はともかく、指原莉乃は地元の応援を喜んでいるようです。また、彼女は4位と発表された際のスピーチでは、大分県のことを2回も言及していますので、今回も観光大使として大いに役に立ったようです。これからの注目は、大分県の動向です。鹿児島県は、去年から柏木由紀を観光PRのCMに寄与していているようなので、先見性は鹿児島県が明らかに上回っていたのですよね…。

【関連記事】