はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

滋賀県は「琵琶湖と平和堂の県」であるという仮説を裏付ける地図を、虚構新聞に見つけました。

(この記事の真偽については、自己責任で、ご判断ください。)

滋賀県がどんな県かというと、琵琶湖がセンターである県です。センターと言っても、通常レベルのセンターではありません。国民的アイドルグル―プであるAKB48のセンターである前田敦子(2012.7.8現在)よりも、大きな存在感があります。


前田敦子は、去年(2011年)に開催されたAKB48選抜総選挙AKB48 22ndシングル選抜総選)において、1位になるという栄誉を得ました*1。しかし、彼女の得票数は139892票であり、全投票数である116万6145票の12.0%に過ぎません*2。これに対して、琵琶湖(670.25 km2)は、滋賀県の総面積(4,017.36km2)の16.7%を占めます。つまり、琵琶湖は前田敦子に較べて、約40%も大きい存在感があるということです。

前田敦子は、歌い踊りながらポジションを変えますので、マスコミが伝える情報とは異なり、「不動のセンター」ではありません。これに対して、琵琶湖は動くことのない「不動のセンター」です。不動であることを利用して、滋賀県の自治体の位置は、琵琶湖にある竹生島からの直線距離と、竹生島と北極点を結ぶ直線との角度で表すことができます。前田敦子には成せないことです。

AKB48のセンターは、選抜総選挙の結果や、じゃんけんによって変わります。センターが卒業するという制度もあるそうです。これに対して、琵琶湖は滋賀県の発足以来、100年以上も、滋賀県のセンターにあり続けています。

これらのことをから推測すると、滋賀県のことを「湖国」と呼ぶことに異論を持つ人は、ほとんどいないのではないかと、私は考えます。



偉大なる、しゅららぼんそれでは滋賀県には琵琶湖の他に何があるかと問われると、他県の人は答えに窮してしまうのではないかと推測します。しかし、滋賀県関係者は、おそらく揺るぎない自信をもって「平和堂」と答えると推測します。「平和堂」といっても、国宝級の建造物ではありません。滋賀県に多数存在するスーパーマーケットです。

大型スーパーは、関東地方では通常は郊外にあり、車で行かなくてはなりません。これに対して、「平和堂」は駅のそばにあります。私は、旅行で日本全国の自治体をかなり割合で訪ねているのですが、滋賀県ほど便利な県は他にありません。例えば、和歌山県には「オークワ」というスーパーがあるのですが、滋賀県における「平和堂」に較べると、駅のすぐ近くにはありません。したがって、車を使うことができない旅行者が利用するのは、少し厳しい場合があります。

平和堂」は、文芸作品にも登場します。万城目学(まきめまなぶ)による「偉大なる、しゅららぼん」(2011年、集英社)の舞台となる城下町・石走(いわばしり、架空)にある駅のそばには、どう考えても「平和堂」をモデルとしているとしか思えないスーパーが登場します。

滋賀県にある他のスーパーの関係者の方へ。ご不満に感じられるかもしれませんが、ご容赦ください)

さて、今まで記したことから、私は、滋賀県は「琵琶湖と平和堂の県」であるという仮説を持っています。しかし、これは、滋賀県とは何もゆかりのない人間による仮説にすぎませんので、信頼性は低いです。しかしながら、最近、この仮説を裏付ける地図が、虚構新聞に掲載されました。滋賀県のある駅の周辺には、琵琶湖と平和堂の他には、田んぼ しか記載されていないのです。その地図が掲載されている虚構新聞の記事に、リンクを張ります。


なお、虚構新聞の信頼度についてですが…、虚構新聞(kyoko-shimbun)は、アルファベットにすると、京都新聞(kyoto-shimbun)と紛らわしいことから推測されるように、京都府の隣にある滋賀県にある新聞社*3であるようです。したがって、虚構新聞による滋賀県に関する記事には、信憑性があると思われます。また、関東地方では、日付は正しいと揶揄されている東京スポーツよりも、虚構新聞は信頼がおけるという、未確認の都市伝説があるようです。

――以上―――

(この記事の真偽については、自己責任で、ご判断ください。)

*1:前田敦子は、2012年の選抜総選挙は辞退しました。

*2:2位である大島優子の得票は、122843票です。

*3:社主のUKさんは滋賀県の人であり、社員が1人なので、本社は当然のことながら滋賀県にあると思われます。