はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

那智の滝(和歌山県那智勝浦町)ロッククライミングしていた人が逮捕された件

那智の滝和歌山県那智勝浦町)をロッククライミングしていた3人の男性が、軽犯罪法違反の不法侵入の疑いで、7月15日に新宮署に逮捕されたとのことです。その内の一人が、アルパインクライマーとして著名である佐藤裕介さんという方だったために、ネットでは話題になっています。なお、私は那智の滝には2度行ったことがあります。

「ご神体…那智の滝よじ登る 著名クライマーら3人 大目玉」
    東京新聞(2012年7月16日 朝刊)
和歌山県警新宮署は十五日、同県那智勝浦町世界遺産那智の滝」でロッククライミングをしたとして、軽犯罪法違反(禁止区域への立ち入り)の疑いで、男三人を現行犯逮捕した。県警はその後三人を釈放。今後は任意で事情聴取を続け、容疑が固まれば書類送検する方針。
 新宮署が逮捕したのはアルパインクライマーとして世界的にも著名な佐藤裕介さん(32)=甲府市西高橋町=と登山仲間二人。
 同じく世界遺産熊野那智大社は、那智の滝をご神体として敷地への立ち入りを禁止。朝日芳英宮司(78)は「二千七百年の歴史上、こんなことは初めて。ご神体として祭られているところに入るなんて宗教を侮辱されたようなもので、宮司として絶対に許せない」と語っている。新宮署によると、佐藤さんは「立ち入り禁止は分かっていたが、日本一の滝に登りたかった」と話したという。
 佐藤さんは岩壁や氷壁を登り切ることを目標とするアルパインライミングの分野で日本を代表するクライマー。二〇〇九年には、世界の最も優れたクライミングに贈られる「ピオレ・ドール(金のピッケル)」賞を他の登山家らとともに日本人で初めて受賞した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012071602000099.html

痛いニュース」が抜粋した2chへの書き込みを書かれた人や、コメントを書いている人のかなりの割合は、認識されていないようですが…、熊野那智大社には那智の滝が御神体ですから、宗教的観点からすると、滝に登るなどということはあってはならないことです。そうでなくても、神社の敷地にある滝ですから、勝手に登ることはダメなのではないでしょうか…。


当然のことながら、今回の件についてはそれなりの結果が待っていました。佐藤裕介さんは、GOLDWINという会社の「THE NORTH FACE契約アスリート」であったようですが、解任されました。

「弊社 契約アスリート逮捕に関するご報告」
                
                               GOLDWIN(2012/07/17)

お客様各位

2012年7月15日、弊社のTHE NORTH FACE契約アスリートの佐藤裕介氏が、和歌山県の「那智の滝」でロッククライミングをしたとして軽犯罪法違反容疑で逮捕されました。
これにより、佐藤裕介氏とTHE NORTH FACEとのアスリート契約は、即時、解除いたしました。
那智の滝は、世界遺産に登録されているだけでなく、熊野那智大社の御神体として神聖なものであり、そこにロッククライミングで登るとは、社会人としてあるまじき行為です。
(後略)

THE NORTH FACE

佐藤裕介さんは、「立ち入り禁止は分かっていたが、日本一の滝に登りたかった」とおっしゃったようですが、何故、「立ち入り禁止」なのかを、分かっていなかったのかもしれませんね。