はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

東京中央郵便局が、JR東京駅の丸の内南口に戻ってきました。

4日前(2012.7.17)のことになりますが、東京中央郵便局が、JR東京駅の「丸の内南口」に4年ぶりに戻ってきました。

「東京中央郵便局、もとの場所に JPタワーでセレモニー」
       朝日新聞(2012年7月17日17時23分)
東京中央郵便局が17日午前、4年ぶりに東京・丸の内のJR東京駅前に戻りオープンした。旧局舎を建て替えた地上38階建ての高層ビル「JPタワー」の1階などが新店舗に。旧局舎は歴史的建造物として保存を望む声が多く、一部を残すかたちで建て替えていた。
(中略)
旧局舎は1931年に完成。2008年に日本郵政がJPタワーの建設構想を発表したが、09年に当時の鳩山邦夫総務相が「価値がなくなったら国家的損失」と発言。計画を見直し、保存部分を拡大した。同郵便局は別の場所で営業していた。
(後略)

http://www.asahi.com/business/update/0717/TKY201207170172.html

東京中央郵便局は、駅に近くて24時間(毎日)営業している郵便局として、非常に便利でした。私は何度か夜に書留を出しに行きました。それから、年末に新幹線を使って帰省や旅行をする人が、年賀状を出してから出発するためには、便利であったと思います。

東京中央郵便局は、2007年10月の郵政民営化から9か月あとの2008年7月に、利便性が高い「丸の内南口」から移動しました。このために、移動と郵政民営化とは直接は関係がないのかもしれませんが、民営化で不便になったというい印象を受けていました。


サービス内容が4年前と変わったかというと、郵便業務については、24時間営業しているようなので同じように見えます。以下のページにおける記載によると、「郵便窓口」が開いているのは、毎日9時からであり、終了は平日が21:00、土日祭日は19:00になっています。その他の時間は「ゆうゆう窓口」を使うことになりのだと思います。

で、大変に申し訳ありませんが、私は、「郵便窓口」と「ゆうゆう窓口」の違いをシッカリと理解していませんので、違いを説明できません。違いをご存じでない方は、お調べになることをお勧めします。

――以上――