はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

指原莉乃が、東京スポーツの一面を飾るという栄誉に預かった件

私には万全の信頼を置くメディアが2つあります。テレビ東京と、東京スポーツです。残念ながら、双方ともに、関東地方だけのメディアです。

テレビ東京は、どんな時でもブレずに、自らが期待されているコンテンツを放送します。金環日食(2012.5.21)の際には、関東地方の他のテレビ局はこれを中継しましたが、テレビ東京だけは、アニメを放送しました。そして、東日本大震災の際にも、他のテレビ局が震災関係のコンテンツを長い間に渡って流していたのに対して、テレビ東京は、33時間後からは徐々に通常放送に戻しました。逆に、テレビ放送が通常放送を33時間も行わないほど、東日本大震災は極めて大きな災害でした。

東京スポーツは、「正しいのは日付だけ」とリスペクトされている夕刊紙です。今日(2012.7.23)の夕方、キオスクの傍を通ると、新聞スタンドにおける東京スポーツの第1面から、「さしこ降板」という文字が見えました。普通の新聞ならば、「さしこ」という愛称で呼ばれている指原莉乃HKT48)が、番組、または、CMなどを降板されたと、予想することが妥当だと思います。

しかし、東京スポーツに絶大な信頼を寄せている私は、指原莉乃には少なくても悪いことが起きていないと予想して、新聞スタンドに近づいて確かめてみました。すると、「さしこ降板」という縦書きの下に小さく「あった」と書かれていました(「さしこ降板あった」)。期待を裏切らない、東京スポーツでありました。

「 指原 新CM降板もあった」
スキャンダルと〝左遷〟がきっかけで、奇跡が起きたのだから世の中わからない。過去の恋愛スキャンダルでAKB48からHKT48に移籍。東京から福岡に活動の拠点を変えた指原莉乃をメーンに据えた新CMが、21日から放送され話題となっている。実はこのCMの舞台裏には、降板危機から大逆転という「さしこのミラクルストーリー」があった。

7月23日(月)発行

記事の内容は、アパマンの新CMにおいて、指原莉乃が抜擢された件です。紙面の真ん中には、HKT48の衣装を着た指原莉乃の写真が、「ピンチをチャンスに変えてCM主役の座を射止めた“奇跡のさしこ”」というキャプションを付けて掲載されています。


アパマンの新CMには、第4回AKB48選抜総選挙(6月6日開票)において、選抜メンバー枠に入った16人が総出演しています。CMでは、引越した指原莉乃の部屋にメンバーが集まってパーティーをしているところが描かれています。CMのテーマは、指原莉乃の引っ越しなのですが、彼女がそれほど多く映っているわけではありません。そして、彼女の台詞も、「こう見えて引っ越しパーティー中です。」と「がんばろう」だけという、彼女らしいCMです。

何故、このようなCMが作られたかというと、指原莉乃AKB48からHKT48へ移籍したからです。したがって、彼女の移籍が決まってから企画されたCMであると、私は思っていました。しかし、東京スポーツの記事によると、事情は少し違うようです。

選抜総選挙において指原莉乃が4位になったことにより、彼女のメインにした企画はあったようです。しかし、彼女の知名度が、前田敦子大島優子に較べて低いために、NGになりかけたそうです。アパマンの幹部による指原莉乃の認知度が低かったということだと思います。

ですが、世の中は面白いもので、何が幸いするかわかりません。低かった指原莉乃の認知度は、週刊文春の記事の件により、急上昇しました。
指原莉乃は、「Google 2012 年 上半期 話題となった検索キーワードランキング」の「人物総合ランキング」では一位になり、「検索総数マンスリーランキング(人名版) - Yahoo!検索ランキング(6月)」においても、AKB48に続いて2位になりました(個人では1位)。また、Yahoo!Newsにおいては彼女のトピックページができました。

また、ラジオ番組(ニッポン放送、6月15日深夜)における指原莉乃による謝罪も、好印象を持たれたようです。これに関しては、キチンと事実を語っていないという批判がネットではありましたが、企業の幹部となるような年代の人は、あれで十分に理解したということだと思います。また、幹部にとって彼女は自分の娘の年代なので、若いころは少しくらいの過ちは許されて然るべきものだという認識なのだと思います。

結果として、彼女のように再出発をする人もアパマンは応援するというメッセージメッセージを込めて、指原莉乃の起用になったのだと、推測します。


東京スポーツの記事は、以下のような言葉で締め括られています。私は、東京スポーツを信頼していることは事実なのですが、あまり買ったことがないためでしょうか、こんなに好意的な記事を読んだのは初めてでした。

ヘタレ材料が何かの拍子で、突然大きく好転することもある…
人生捨てたもんじゃない!?