はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

地上デジタル放送に完全移行してから一年経ってようやく、「本物の」地デジ放送を観るようになりました

地上デジタル放送に完全移行してから、7月24日で一周年となりました。

偶然なのですが、一周年となったその日から、「本物の」地デジ放送を観るようになりました。それまでは、CATVの会社により供給されていた「デジアナ変換された」電波を、アナログテレビで観ていました。これに対して現在は、それと混合されて送られてきていた「本物の」地デジ放送を、観るようになりました。ただし、地デジ対応のテレビを購入したのではなく、PCに外付けする地デジチューナーを買うことにより視聴可能にしました。なお、購入したチューナーは、BUFFALO社のものであり、値段は1万円強です。

今まででも、外付けチューナーを購入すれば、「本物」地デジ放送の視聴は、論理的には可能でしたが、電波が供給されているコンセントがPCの近くにありませんでした。PCの近くまでにケーブルで電波を引いてくるという対処をようやく行い、視聴可能にしたのでした。

感想としては、極めて快適です。映像は綺麗ですし、PCで視聴できることにより、ニコニコ生放送などと同じような感覚で観ることができます。予想しなかったメリットとしては、在京のテレビ局だけではなく、南関東のUHF局(Tokyo MXTVKテレビ埼玉千葉テレビ)と放送大学を観ることができることがあります。これは、地上波デジタル放送を供給しているCATVの会社が、対処してくれているのだと思います。もちろん、データ放送も観ることができます。

BUFFALO社の地デジチューナー対応のチューナーには、複数の製品があります。私が選んだものは、DT-T70/U2と言う型番のものであり、付属しているPCastTV3というソフトを使います。もう少し高い値段の製品(PCastTV4が付属)はダブルチューナーであるので、視聴している際に裏番組を録画できるのですが、私の購入したものではできません。しかし、今までと同じように、アナログテレビでデジアナ変換された放送を観ることができるので、ダブルチューナーである必要は、私にはありません。

私がDT-T70/U2を選んだ理由は、値段が安いからではなく、画質を落として録画できるからです。上述の高機能の製品では、録画してから画質を落とせるようです。しかし、長期間に渡って不在の間に多くの録画をすると、その間にディスクの容量が足りなくなってしまう可能があります。

DT-T70/U2には予期しなかった問題点が幾つかありました。例えば、番組を視聴、または、録画している時には、番組表を更新できないことです*1。番組表を更新する時間は、私はこの支障がなるべく起きないように、更新時間を深夜に設定しました。しかし、ロンドンで開催されているオリンピックの競技のように、海外で行われるスポーツは、深夜に放送されることもあるので、問題は完全には回避できません。

このような問題があるとはいえ、PCで番組を予約できるということは、非常に便利です。PCで普段行っているように、番組を検索して、録画をすることができます。1万円強の値段と言うことを考えれば、満足がいくものだと思います。ハードウエアであるテレビを購入した場合には、機能に満足がいかなかった場合には、(高額な)テレビ自体を買い替えなくてはなりません。これに対して、外付けチューナーを使う場合は、それだけを買い換えるだけで済みます。


テレビ放送を、多くの人が集まる部屋で観る場合や、大画面で高品質のものを観たい場合には、地デジ放送を観るための専用ハードウエアであるテレビを買うことになると思います。しかし、それ以外の場合に、テレビ放送を観る機会が少ない人の全てが、専用ハードウエアを購入する金銭的な余裕があるとは思えません。それらの人にとっては、PCへ外付する地デジチューナーを買うことは、有効な選択肢の一つになると思います。まぁ、地上デジタル放送に完全移行してから1年経って今更という意見ではありますが…。

――以上――

*1:このような情報が製品購入前に分からない、または、分かりにくいということは、大きな問題だと思います。