はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

埼玉県の中学校のプールで400〜500匹の金魚が泳いでいた件の結末

狭山市(埼玉県)にある市立入間川中学校のプールにおいて、多数の金魚が泳いでいたことが見つかった件については、翌日の8月7日に多くの新聞やテレビで報道されたようです。テレビにとっては、水着姿で金魚を捕獲している高校生が季節感があってよかったのでしょうね。

「中学校プールに金魚500匹、夏祭り売れ残り?」
   読売新聞(2012年8月7日)
埼玉県狭山市鵜ノ木の市立入間川中学校で6日朝、25メートルプールを囲んだ有刺鉄線が切断され、プールの中で400〜500匹の金魚が泳いでいるのを教諭らが見つけた。
 狭山署は、金魚の種類や数の多さから、夏祭りの金魚すくいの売れ残りの可能性もあるとみて、建造物侵入と器物損壊の疑いで調べている。
 同署幹部などによると、5日午前に水泳部が練習を行った際に異常はなかった。有刺鉄線は2か所切断され、プールサイドには、金魚を運ぶのに使ったとみられる袋が数枚残されていた。
 同校は、教諭や生徒が金魚を回収し、プールの水を入れ替える予定。約375トンの排水と給水に約16万円かかるという。川那子文雄校長は「生徒たちが一生懸命に管理しているプールなのに」と憤っていた。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120807-OYT8T00374.htm

読売新聞は、「夏祭りの金魚すくいの売れ残りの可能性もあるとみて」という無難な記載をしています。でも、NHKニュースでは、「何者かが侵入し、夏祭りで余った金魚を捨てた疑いもあるとみて」と報道していますし、日刊スポーツやZAKZAK(夕刊フジ)は、もっと明示的に、近所で行われていたお祭りに出店していた露天商を疑う記載をしています。なお、ZAKZAKで記載している「七夕まつり」とは、具体的には「入間川七夕まつり」のことのようです。

「プールに金魚400匹捨てた疑い 埼玉」
(抜粋)
   NHK(8月7日 13時6分)
警察は異常がなかった5日の夜から6日の朝にかけて何者かが侵入し、夏祭りで余った金魚を捨てた疑いもあるとみて器物損壊などの疑いで調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120807/k10014125881000.html

「中学プールに大量金魚 祭りで売れ残り?」
    日刊スポーツ(2012年8月7日10時49分)
(抜粋)
週末に市内や近隣自治体で祭りがあったことから、狭山署は夜店で売れ残った金魚が捨てられた可能性もあるとみて、建造物侵入と器物損壊の疑いで調べている。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120807-996662.html

「中学プールに無断で金魚500匹!業者が廃棄か」
   ZAKZAK(2012.08.07)
(抜粋)
狭山市では先週末に西武新宿線狭山市駅前などで「七夕まつり」を開催。複数の露天商が出店しており、金魚すくいの業者も複数いた。このため、「業者が売れ残りを廃棄した可能性もある」(捜査幹部)とみて捜査している。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120807/dms1208071534010-n1.htm

この件のポイントは以下の3点だと思います。

  1. 有刺鉄線は2か所切断されていた。
  2. 捨てられた金魚の数が400〜500匹という多数だった。
  3. プールサイドには、金魚を運ぶのに使ったとみられる袋が数枚残されていた

有刺鉄線が切断されていたことからすると、外部の人の仕業である可能性が高いですし、捨てられた金魚の数が多数であることから、普通のお客ではないことが推測されます。この二つだけを考えると、犯人の可能性が高い者として、お祭りに出店した金魚の露天商が思い浮かびます。でも、「プールサイドには、金魚を運ぶのに使ったとみられる袋が数枚残されていた」ことを考えると、大人である露天商の仕業であることには疑問符が付きます。 で、露天商を疑った記載をして大丈夫かぁ…と私は思いました。


続報となる読売新聞の記事によると、この件は犯人が狭山署に名乗り出ることにより決着したようです。この記事は、Yahoo!Newsにも転載されたのですが、両者とも、現在はネットからは消されているようです。

この記事の内容は、2chのまとめサイトである「痛いニュース」の記事から知ることができます。2chのまとめサイト対しては、恣意的な編集がされることが少なくないという点で批判があるのですが、こういう時には役に立ちます。

痛いニュース」の記事を読むと、読売新聞には、犯人が「県内の女子中学生4人」であることが記載されていたようです。該当記事がネットから消された理由としては、「県内の女子中学生4人」が犯人とする記載が間違っていたという可能性もあります。でも、それよりも、学校関係者などからクレームが来たためである可能性が高いと思われます。

入間川中学校としては、犯人が謝罪に来て、損害が弁償されればOKなのだと推測します。でも、あらぬ疑いをかけられた露天商の業界の名誉回復は、どうなるのでしょうか? 

――以上――