はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

指原莉乃のMCで、HKT48の冠番組「HaKaTa百貨店」(日本テレビ)が始まる件

HKT48が、初の冠番組「HaKaTa百貨店」(日本テレビ*1、日曜深夜)を持つこととなり、そのMCを指原莉乃HKT48)が務めることになりました。

この番組は、AKB48グループとしては後発であるHKT48(博多が拠点)を全国的に広く知らしめることを目的としており、毎回、AKB48メンバーが1人、ゲストで登場します。そして、番組のMCには、外部から起用するのではなく、指原莉乃が起用されました。現在はHKT48に所属している指原莉乃は、6月まではAKB48のメンバーでしたので、この番組のMCとしては、うってつけの人材です。

「さしこMC!関東で初HKT冠番組」
       日刊スポーツ(2012年9月20日10時5分)
福岡に本拠地を置くAKB48の姉妹グループHKT48が、初めて冠番組を持つことが19日、分かった。10月7日から放送開始の日本テレビ系バラエティー番組「HaKaTa百貨店」(日曜深夜1時30分、初回は深夜2時)で、指原莉乃(19)が司会(MC)を担当し、約15人のHKT48メンバーが出演。毎回1人AKB48メンバーをゲストに迎え、HKT48を売り込んでいく。

 冠番組で、初めてMCを務める指原は「精いっぱいやります。AKB48にいた時、前列に座っているメンバーにしか話しかけない司会者がまれにいたので、私は周りを見渡して、いろんなメンバーに話を振りたいです」と宣言。その上で「個人の名前を覚えてもらうチャンス。遠慮しないで、ガツガツいってほしい」とメ
ンバーに呼びかけた。
(後略)

さしこMC!関東で初HKT冠番組 - AKB48 - 芸能ニュース : nikkansports.com


指原莉乃のMC能力については、AKB48について詳しく、彼女に注目している人には知られていましたが、一般的にはあまり知られていなかったと思います。何故ならは、AKB48関係のイベントなどにおいてMCを務めるのは、ほとんどの場合において、高橋みなみだからです。しかし、ごく最近、指原莉乃のMC能力を、業界の多くの人に知らしめることになった番組がありました。「火曜曲!緊急生放送 拡大3時間スペシャル ナビ」(TBS、2012.9.15 15:00〜15:54)です。

この番組は、9月18日に行われた「AKB48 29thシングル選抜 じゃんけん大会」を中継した「火曜曲!緊急生放送 拡大3時間スペシャル」(TBS系、19:00〜21:48)の番宣番組であり、「じゃんけん大会」選手?として登場したAKB48の主なメンバーが、ひな壇で登場しました。そして、この番組のMCに起用されたのが、「じゃんけん大会」には選手としては登場しない指原莉乃であり、大役を見事に務めました。ひな壇のメンバーは、外部の人がMCをしている場合とは違って、気兼ねない感じであり、時にはMCである指原莉乃に突っ込みを入れていました。

特に、いつも以上に面白さが引き出されていたのが、柏木由紀小嶋陽菜でした。柏木由紀指原莉乃に対する遠慮なさは、素のものに近い感じがして、好感を持ちました。また、小嶋陽菜はいつも以上のグダクダ感を醸し出すとともに、期待以上のボケをかましてくれました。

MCである指原莉乃は、出演したメンバーがバランスよくテレビに露出するように気を配っていました。AKB48の総監督である高橋みなみには、多めに話を振ると共に、普段はテレビに登場する機会がない大場美奈にも、時間は少なかったのですが、しっかりと話を振っていました。

なお、指原莉乃は、本番の「じゃんけん大会」の中継における解説のメンバーにも、松井玲奈SKE48)、山本彩NMB48)と共に名を連ねていたのですが、アナウンサーの話の割り振りは、ゲストである田原総一朗亀田興毅に偏っていたようです。「…いたようです。」と伝聞のように書いたのは、番組の始めを覗いた時点で呆れてしまって、直ぐに観るのをやめたからです。

ある分野に詳しい人よりも、他の分野における著名人のコメントを尊んでしまうところは、TBSにありがちなことです。しかし、それにしても、亀田興毅の起用は、あまりにもTBS過ぎる人選ですし、また、彼にとってもプラスにはならなかったと推測します。


「HaKaTa百貨店」の企画は、指原莉乃がMCを行った9月15日の番組の前から、あったと推測します。しから、完全にゴーサインが出たのはこの番組を見てからである可能性はあります。もしそうならば、この番組における彼女の成功は、大きなことだったと思います。 私は、指原莉乃は、近い将来、AKB48グループの主要メンバーが出演する番組において、MCを務めるメンバーの一人になると可能性が高いと考えています。それに至る階段を、「HaKaTa百貨店」においてMCへの起用されたことにより、2、3段登ることになったと、思います。


「HaKaTa百貨店」について話を戻しますと、日刊スポーツには彼女の言葉として、「…。AKB48にいた時、前列に座っているメンバーにしか話しかけない司会者がまれにいたので、私は周りを見渡して、いろんなメンバーに話を振りたいです」というものが載っています。この言葉には、今まで彼女が辿ってきた道を考えると、とても実感がこもっていると思います。

何故ならば、指原莉乃は、AKB48の初期メンバーではなく、研究生から昇格したために、ゴールデンタイムのテレビ番組に出演しても、かつては、司会者に話しかけられることは稀だったからです。また、司会者に話しかけられるようになっても、その場面が放送でカットされることが少なくなかったと聞いています。なお、現在の彼女は、AKB48グループの主要メンバーが多く出演する番組において、欠かすことのできないメンバーとなっていますが、このことは、研究生出身のメンバーとしてはかなり画期的なことです。


HKT48のメンバーは、MCが外部の人であれば、村重杏奈 以外は、自分らしさを十分には出すことができない可能性がありました。しかし、敬意を共に親近感を持っている指原莉乃がMCであれば、そのような心配は少なくなります。少し前までは、HKT48のメンバーにとって指原莉乃は、AKB48の普通のメンバーにとっての高橋みなみのように、雲の上の存在だっと思われます。 しかし、指原莉乃HKT48に移籍してから、2ヶ月半しか経たないのにもかかわらず、既に、場合によってはからかうことができるような先輩になっているようです。そういう意味でも、彼女は今回のMCに最適な人材とだと思います。

――以上――

*1:現時点では、放送が決まっているのは日本テレビだけです。