はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

10月12日から始まる ドラマ「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」について

ドラマ「私と彼とおしゃべりクルマ」について記事を書いたので、ドラマのことについて、もう一つ記事を書くことにします。具体的には、10月12日からテレビ東京で始まる連ドラ「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」(金曜 24:12 -24:52)についてです。

このドラマは、去年の夏のクールに放送された「勇者ヨシヒコと魔王の城」の続編にあたるものです。今回のドラマにおいても、脚本・監督(福田雄一)などのスタッフと、出演者(山田孝之木南晴夏…)は、ほとんど同じようです。


AKB48のファンのほとんどは、福田雄一のことは、彼が脚本・監督と務め、当時はAKB48に所属していた指原莉乃(現在、HKT48)が主演した「ミューズの鏡」(2012.1-6、日本テレビ 土曜深夜)によって、初めて知ったのではないかと、私は推測しています*1 *2

しかし、福田雄一はこの種のドラマでは以前から、よく知られている人物です。福田雄一が広く知られるキッカケの一つとなったドラマに「33分探偵」(堂本剛 主演、フジテレビ、2008.8-9)があります。このドラマは、簡単に解決がつくような事件を、探偵・鞍馬六郎(堂本剛)が、ドラマの尺である33分を使って解くというユルいものです。ちなみに、私が福田雄一のことを初めて知ったのも、このドラマにおいてです。

実は、この連ドラが放送開始された2008年8月2日に、指原莉乃AKB48の研究生から正規メンバーに昇格することが、発表されています。この二人には縁があることは、確かなようです。


さて、「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」のストーリーについては、現時点においては、まだ、情報がありません。確実なことは、前作と同じように、低予算で作られた、ユルくてお馬鹿だけれど、風刺気味のテイストが入ったドラマだということです。番組の公式サイトに「前作同様7割くらいのモチベーションで頑張りたいと思います。」という山田孝之の言葉があるように、頑張っているところは見せないドラマだと思います。

前作と設定を変えることは面倒なので、役者が演じる役は同じようにするように思います。つまり、ヨシヒコ(山田孝之)、ムラサキ(木南晴夏)、ダンジョー(宅麻伸)、メレブ(ムロツヨシ)、仏(佐藤二朗)、ヒサ(岡本あずさ)だと思います。胸が薄いムラサキは、今回も「平ら胸」(むねたいら)と、メレブに揶揄されることになると思います。

ロケの主な場所が、庄内映画村(山形県鶴岡市)であるのも、前作と同じです。ムロツヨシさんのtwitterを先ほど見た所、今回もメレブを演じることがわかりました。


....ということで、ドラマが始まるのを楽しみに待ちたいと思います。


【関連記事】

*1:9月29日から「劇場版 ミューズの鏡〜マイプリティドール〜 」が公開されます。

*2:同じ枠?で 現在は、「メグたんって魔法つかえるの?」〔小嶋陽菜 主演、2012.7-〕が放送されています。